Force India

/ News

  • フォース・インディア

ペレスに次戦7グリッド降格処分

Jim
2014年11月3日 « 序盤のペースに困惑したベッテル | 5秒加算処分を受けたベルヌ »
インシデントでリタイアを強いられたスーティル © Getty Images
拡大

サーキット・オブ・ジ・アメリカズで開催されたUS GP決勝レースでエイドリアン・スーティル(ザウバー)と接触したセルジオ・ペレス(フォース・インディア)に次戦のグリッド降格ペナルティが科された。

ペレスはオープニングラップのターン16でスーティルをオーバーテイクしようと試みるも、前にいたキミ・ライコネンのフェラーリマシンにぶつかった後、ザウバーマシンに追突し、スーティルをリタイアに追い込んでいる。この追い抜き行為が無分別だったと判断された。

スーティルはその場でマシンを止め、ペレスはダメージを負ったマシンでピットにたどり着いたが、走行を再開できる状態ではなくそのままコックピットを離れている。

スチュワードは「カーナンバー11のドライバー(ペレス)は合理的にオーバーテイクを完遂できるとは予想していなかった。彼のカーナンバー99(スーティル)との接触は無謀だった」と説明した。

ペレスは連戦で挑むブラジルGPで7グリッド降格ペナルティを受ける。加えて、2点のペナルティポイントも与えられた。

© ESPN Sports Media Ltd.