Force India

/ News

  • フォース・インディア

フォース・インディアにチャンスを見出すカラド

M.S.
2013年8月6日 « 苦境は将来の役に立つとバトン | ロータスに資金問題の兆候 »
リザーブを足掛かりにレースシートを目指す © Sutton Images
拡大
関連リンク

24歳のイギリス人ドライバーが次のF1ルーキーになろうとしている。

8月の夏休みを迎える前、フォース・インディアのレースドライバーであるエイドリアン・スーティルはハンガリーにて来年も同チームに残るかどうかは定かでないと語っていた。

「準備ができたら、最初にビジェイ(マルヤ/チーム代表)と話すつもり」とスーティルは『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』に話しており、チームメイトであるポール・ディ・レスタにも移籍のうわさがある。

それと時を同じくして、GP2のランキング上位につけるジェームス・カラドが2013年のフォース・インディアリザーブドライバーの座につくとの見方が出てきた。

『BBC』は今季これからのレースでカラドが金曜フリー走行1回目に登場するチャンスがあると述べており、フォース・インディアのスポークスマンはこの契約が結ばれる"十分な可能性"があると認めた。

そうなると、次のステップはスーティルかディ・レスタの後任として2014年のレースシートを手にいれることだ。

カラドはイギリスの放送局『Sky(スカイ)』にこう述べている。

「僕らがフォース・インディアと話し合いを持っていることは隠しようがない。僕のマネジャーであるニコラ・トッドが彼らと今話していて、うまくいけばそういうことが起こりそうだよ」

© ESPN Sports Media Ltd.