FIAによってチームの改名が認められたため、現体制下でのフォース・インディアは2008年のF1デビューとなっているが、チームの起源は1991年にまでさかのぼる。

元々はジョーダン・グランプリとして活動していたものの、オーナーのエディ・ジョーダンが2005年シーズンに先だってミッドランド・グループに売却、ミッドランドF1レーシングが誕生したが、オーナーシップ変更から1年とたたずして同シーズン半ばに自動車会社スパイカーによるチーム買収が発表され、ミッドランドの短いF1活動が幕を閉じる。しかし、スパイカーも財政難により、たった1年でチームを手放すことに。買収価格は元値より高い8,800万ユーロ(約143億円/当時)だった。所有権はインドの億万長者ビジェイ・マルヤと、元々チームの役員だったミシェル・モル率いる『Orange India Holdings(オレンジ・インディア・ホールディングス)』にわたっている。

チーム名とマシンカラーを除けば、2008年シーズンに登場した同チームに大きな変化はなかった。コリン・コレスが引き続きチーム代表を務め、F1ディレクターにモル、最高技術責任者にマイク・ガスコインが就任。ポイントを手にすることなく2008年シーズンを終えたフォース・インディアのハイライトと言えば、結果的にはチェッカーを受けることなく、トンネル出口でフェラーリのキミ・ライコネンに衝突されて無念のリタイアだったが、トリッキーなコンディションの中、エイドリアン・スーティルが一時4番手を走る活躍を見せたモナコGPだろう。

2年目を迎えるにあたって、首脳陣にテコ入れを施したフォース・インディアはマルヤがチーム代表を兼任することになった。エンジンサプライヤーとしてメルセデスと契約したものの、シーズンが始まって11レースを終えてもポイントを獲得できずにいた。

そんなフォース・インディアの転機はベルギーで訪れる。予選でポールポジションを獲得する快挙を成し遂げたジャンカルロ・フィジケラがレースでも2位チェッカー、チームに初のポイントのみならず初表彰台をもたらした。チームの躍進はこれにとどまらず、続くイタリアGPではスーティルが4位でフィニッシュし、5ポイントを加えている。シーズンを通して13点を獲得したフォース・インディアはトロ・ロッソを抑えてランキング9位で2009年を締めくくった。

2010年も同様にトップスピードが重要なサーキットで強さを見せる。スーティルが2度達成した5位フィニッシュが最高到達点だったものの、円熟味を増したマシンによってチームはコンスタントに得点を挙げ、コンストラクターズチャンピオンシップでは6位のウィリアムズまでわずか1ポイントまで迫った。

翌年にはすべてのサーキットでポイントを獲得すべく、より一貫性のあるマシン作りに取り組む。開幕当初はスピードに欠けていたとは言え、優れたベースラインを備えたVJM04は月日とともに進歩し、ランキング5位のルノーに肉薄している。

2012年には前年度のリザーブドライバーだったニコ・ヒュルケンベルグがレースドライバーへ昇格を果たし、長年チームに所属したスーティルがフォース・インディアを去った。ディ・レスタとヒュルケンベルグの安定した走りによって数多くの入賞を決めるも、選手権の順位は中団チームでトップクラスの存在感を示したザウバーに敗れて7位に終わる。

最終戦ブラジルGPで一時ラップリーダーに立つという輝きを見せたヒュルケンベルグは2013年に強敵ザウバーへ移籍し、それと入れ替わりでスーティルが古巣に帰還した。スーティルとディ・レスタの健闘で順調なすべりだしとなったが、シーズン中のタイヤ変更が悪い方向に影響し、マクラーレンを抑えてランキング5位を死守するとの目標は果たせず。2014年はザウバーから戻ってきたヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスという布陣でさらなる躍進を目指す。