FIA

/ News

前の年代 2011 | 2012 | 2013 | 2014 | 2015 | 2016 | 2017 | 2018 | 2019 | 2020 次の年代
1月 | 2月 | 3月 | 4月 | 5月 | 6月 | 7月 | 8月 | 9月 | 10月 | 11月 | 12月 | その他
  • F1
  • いずれ感染者は出るだろうとブラウン
  • 2020年7月14日: ロス・ブラウンはシーズン開幕からの2戦で新型コロナウイルス(COVID-19)感染者がいなかったとはいえ、今後、F1は陽性結果となるケースに備えておかなければならないと主張する。

  • F1
  • FIAがレーシング・ポイントのブレーキダクトを調査へ
  • 2020年7月13日: ライバルチームのルノーが抗議を申し立てたことを受け、モータースポーツ統括団体であるFIAはレーシング・ポイントのマシンからブレーキダクトを押収し、メルセデスに2019年型マシンの該当コンポーネントを提出するよう要請した。

  • シュタイアーマルクGP - レーシング・ポイント - 決勝
  • 予選は落胆もレースで巻き返したペレス&ストロール
  • 2020年7月13日: 12日(日)に開催されたシーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースでレーシング・ポイント勢はチェッカーフラッグを受ける寸前まで激戦を繰り広げ、セルジオ・ペレスが6位、ランス・ストロールは7位でゴールした。

  • シュタイアーマルクGP - メルセデス - 決勝
  • 苦手克服、メルセデスがオーストリアで2連勝
  • 2020年7月13日: 12日(日)、シーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースに挑んだメルセデスはルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウイン、バルテリ・ボッタスが2位で表彰台に上り、今季初の1-2フィニッシュを達成した。

  • シュタイアーマルクGP - フェラーリ - 決勝
  • ルクレール、「全責任は僕にある」
  • 2020年7月13日: 12日(日)、シーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースでフェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールはオープニングラップの同士討ちが原因で最終的にダブルリタイアを喫した。

  • シュタイアーマルクGP - マクラーレン - 決勝
  • ノリスがラスト2周で5位浮上
  • 2020年7月13日: 12日(日)に開催されたシーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースでマクラーレンのランド・ノリスが終盤の猛チャージで5位入賞を果たし、3番手スタートだったカルロス・サインツは9位に終わった。

  • シュタイアーマルクGP - レッドブル - 決勝
  • 「本気で優勝を争うには遅すぎた」とフェルスタッペン
  • 2020年7月13日: 12日(日)、シーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースに挑んだレッドブルのマックス・フェルスタッペンは3位表彰台に上り、アレックス・アルボンは4位でゴールした。

  • シュタイアーマルクGP - アルファロメオ・レーシング - 決勝
  • ライコネン、入賞に一歩およばず
  • 2020年7月13日: シーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースが行われた12日(日)、アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンは11位とポイントに届かず、アントニオ・ジョビナッツィは14位で完走した。

  • シュタイアーマルクGP - ハースF1 - 決勝
  • 前進を遂げ、今後に期待を持つハースF1
  • 2020年7月13日: 12日(日)、シーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースをハースF1のケビン・マグヌッセンとロマン・グロージャンは12位と13位で完走した。

  • シュタイアーマルクGP - ピレリ - 決勝
  • ピレリ、多様なコンディションでのパフォーマンスに満足
  • 2020年7月13日: 12日(日)に開催されたシーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースはメルセデスのルイス・ハミルトンが1ストップ戦略でポール・トゥ・ウインを飾り、同じ戦略を取ったバルテリ・ボッタスが2位に入った。

  • シュタイアーマルクGP - アルファ・タウリ - 決勝
  • 離脱者の少ないレースで1点をもぎ取ったクビアト
  • 2020年7月13日: 12日(日)、シーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースに挑んだアルファ・タウリのダニール・クビアトは10位入賞を果たすも、ピエール・ガスリーは15位完走にとどまった。

  • シュタイアーマルクGP - ウィリアムズ - 決勝
  • 序盤で「レースを台無しにした」とラッセル
  • 2020年7月13日: 12日(日)、シーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースをウィリアムズのジョージ・ラッセルは16位、ニコラス・ラティフィは17位で完走した。

  • シュタイアーマルクGP - ルノー - 決勝
  • リカルド、悔しさを味わいながらも8位入賞
  • 2020年7月13日: 12日(日)、シーズン第2戦シュタイアーマルクGP決勝レースに挑んだルノーのダニエル・リカルドはチェッカーを目前にポジションを落としながらも8位入賞を遂げたが、エステバン・オコンはトラブルでリタイアを喫した。

Top of the Page上へ