FIA

/ News

© Dan Istitene/Getty Images
拡大

モータースポーツ統括団体である国際自動車連盟(FIA)はF2ドライバーのアントワーヌ・ユベールが命を落とした事故について調査を開始した。

8月31日(土)、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで行われたF2のレース中、ラディオンでマシンのコントロールを失ってクラッシュしたユベールのマシンに別のマシンが高速状態で突っ込んだ。ユベールはその後、死亡が確認され、もう1台のマシンをドライブしていたファン・マヌエル・コレアは足の骨折と軽度の脊椎損傷で集中治療室にいる。

開始直後に事故が発生したフィーチャーレースは即座に中止され、翌日に予定されていたF2スプリントレースもキャンセルされた。F1ベルギーGPは予定通りに開催されたものの、スタート前にはユベールを追悼して1分間の黙祷が捧げられている。レースはユベールと同世代でカート時代から切磋琢磨(せっさたくま)してきた親しい友人のシャルル・ルクレール(フェラーリ)が優勝を果たし、勝利をユベールに捧げた。

アクシデントに関する情報は発表されていないが、FIAレースディレクターのマイケル・マシは調査を進めていると明かしている。

「すでに開始した調査があり、ここから進めていく。FIAは技術部門、安全性部門、その他、FIAのさまざまな部署がすべて協力して即座に調査をスタートさせている」

「FIAはRACB(ロイヤル・オートモービル・クラブ・オブ・ベルギー)と共に諸団体と連携して取り組んでいく」

マシは今回の調査も他のいかなるインシデントと同様、徹底的に行うとも述べている。

「FIAがあらゆる深刻なインシデントに対してそうしているように、完全かつ徹底的な調査を行えるようプロセスを進めていく所存だ。サーキットレースであろうとラリーであろうと、何であろうともこの姿勢は変わらない。インシデントのあらゆる局面を徹底調査することになる」

今回のインシデントはユベールがターマックの敷かれたランオフエリアでマシンのコントロールを失った後に発生しており、タイヤウオールに衝突したマシンはその反動で、他のマシンがレース速度で通過していくコース側に跳ね返されていた。

マシはコースオフを喫したドライバーがパワーダウンを維持できたのはターマック式のランオフエリアだったからではないかとの見方を否定してもいる。

「今後の懸念になるとは思っていない。それぞれのサーキットやそのコースが持つ個々の環境を調べる必要があるということだと考えている」

「その(ラディオンの)件は最悪のランオフなわけではない。実際のところ、他のピットレーンで使われる出口用のピットロードなので、そういうふうに言うことはできないと思う」

© ESPN Sports Media Ltd.