FIA

/ News

© Sutton Images
拡大

F1の代表らは新たなマニュファクチャラーを探す中で現マニュファクチャラーを"軽んじてはいけない"とFIA会長のジャン・トッドが警告した。

F1に参戦している4つのマニュファクチャラーのうちの3者であるメルセデス、フェラーリ、ルノーは2021年から始まる新エンジンレギュレーションの提案を批判している。今描かれている青写真では、これまでF1参戦を見送ってきたメーカーにアピールすべく、現行のV6ターボエンジンをより単純化することが提案されていた。

フェラーリはこの提案が改変されない限り2020年シーズンをもって撤退する可能性を示し、メルセデスとルノーも反対意見を述べている。FIA会長として3期目を迎えたばかりのトッドは、現在参戦しているメーカーと将来的に参入する可能性のあるマニュファクチャラーの間で妥協点を見出すべきだとの考えを示した。

「現在参戦しているエンジンサプライヤーらを軽んじ、参入を考えている者にばかり耳を傾けるようなことがあれば、アンフェアだと感じている。私にとって、現在の状況に照らし合わせる一方で、これまで投資してきた陣営を尊重しつつ、どういった形での進化が未来のエンジンにとってベストかを考えるのが重要だ」

ただし、トッドは現行のV6エンジンに欠点があることも認めており、2020年より後の提案がエンジンコンセプトの一新ではなく、現在のテクノロジーを改めるものであったことに満足している。

「エンジンについてどう感じているかと問われれば、興味深いものだったのは明らかだ。私はあまりにも複雑で、高価すぎると思っている。だが、今われわれが手にしているものの進化型である次世代エンジンに移行するのは、非常に良い第一歩になるだろう」

「まったく新しいエンジン開発を始めることには反対だが、このエンジンで得た理解をもとに、莫大な投資をしてきた実際のマニュファクチャラーが次世代のエンジンでその投資から収穫できると同時に、新規参入を促すような道を取るべきだ」

© ESPN Sports Media Ltd.