FIA

/ News

ロシアで記者会見を開いたFIA © Sutton Images
拡大

ロシアGPの開催地で10日(金)に開かれた記者会見で、FIAは日本GPで発生したジュール・ビアンキの事故の詳細を明かした。

FIA会長のジャン・トッド、レースディレクターのチャーリー・ホワイティング、チーフメディカルオフィサーのジャン-シャルル・ピエット、メディカルレスキューコーディネーターのイアン・ロバーツが一堂に会し、事故に関する質問と、事故発生後にFIAが取った手順についての質問に応じている。

鈴鹿のターン7から撮影されたCCTVのビデオ映像が流され、1周前のエイドリアン・スーティル(ザウバー)のアクシデント、それを受けて出動した回収車に衝突したビアンキの事故そのものを映し出していた。

ホワイティングは悪化するコンディションの中でスーティルとビアンキの両名がどのようにしてマシンのコントロールを失ったのかを映像を用いて説明した。

「(ターン7に)乾き気味のラインがあり、ただ、雨脚が強まっていたので乾き気味の走行ラインにわずかな水が忍び寄っている。これらのマシンはその場所で若干ワイドに膨らみ、エイドリアンのケースはそこを通ってコントロールを失っていることがお分かりだろう。彼はわずかに水がたまった部分に触れただけ、この時、彼はジュールの後方にいる。この時点で彼はわずかにコース上の水がある部分に触れてコントロールを失い、スピンした」

1周後の映像ではビアンキがコントロールを失って回収車に衝突する場面が映し出される。

「ジュールが(スーティルと)同様の状態だったことが分かるはずだ。彼も同じくわずかな水に触れたが、エイドリアンとは違ってスピンをしていない。彼はいったん修正して、わずかに異なる軌道でコースオフを喫している」

また、ホワイティングはダブルイエローフラッグが振られる中、他車よりもスローダウンしているマシンもあったと示しながら、将来的に対応の変更する可能性も示唆している。

「多くのマシンがダブルイエローフラッグ区間を通過した。それほど減速しなかったマシンもあれば、かなり減速しているマシンもある。彼が他の者に比べてどれだけ減速していたのか、その詳細を突き詰める必要はないと思う。データは十分あり、彼はスローダウンしていたが、それは程度の問題だ」

さらに、FIAとしてこれ以上の対応はできなかったと感じているとも話したホワイティングは次のように付け加えた。

「当然、コース上でのアクシデントはしっかりと対応されている。マーシャルたちの対応についても、セーフティカーとメディカルカーは現場に至急到着しており、救出車両も適切に導入され、救急車もコースに入った。サーキットであれ以上に優れた対応はできなかった。適切な手順であり、われわれはああいった状況下で何をすべきか正確に理解している」

© ESPN Sports Media Ltd.