FIA

/ News

  • FIA

FIA、タイヤテスト裁判の日程を公表

Jim
2013年6月11日 « カナダGPの未来はいまだ不安定 | 自分以上の適任はいないとマッサ »
FIAスポーティングレギュレーション違反に関して審議を受けるメルセデス © Sutton Images
拡大
関連リンク

FIAは6月20日(木)にメルセデスとピレリがFIAの国際法廷でタイヤテスト騒動の嫌疑を受けると発表した。

メルセデスとピレリはスペインGP後に2013年型マシンを用いてプライベートテストを実施したことから告訴されており、20日にFIAの拠点があるパリに出向き、自らを弁護することになる。

FIAの声明は以下の通り。

「2013年モナコGP中にレッドブル・レーシングおよびフェラーリ・スクーデリア・チームによって申し立てられたカーナンバー9およびカーナンバー10(メルセデスAMGペトロナスF1チーム)がピレリとともにバルセロナで5月15日、16日、17日に、2013年型マシンを使用した3日間のタイヤテストを実施したことに対する抗議に引き続き、2013年6月5日、FIA会長はFIA訴追機関として国際法廷裁判員長にピレリへの告訴状、およびメルセデスAMGペトロナスF1チームへの告訴状を送付した」

「ピレリおよびメルセデスAMGペトロナスF1チームは2013年6月5日、国際法廷裁判員長から国際法廷の審判に出廷するよう召集を受けた」

「国際法廷の判決については審判後、速やかに公表する」

先のカナダGP週末にはメルセデスもピレリも国際法廷でそれぞれの主張を説明できることを楽しみにしていると語っていた。

© ESPN Sports Media Ltd.