FIA

/ News

  • メルセデス

メルセデスのテスト問題は国際法廷へ

Jim
2013年6月6日 « ハミルトン、改めてマクラーレンに感謝 | 来季にシーズン中テストが復帰? »
FIA国際法廷に呼び出されたメルセデス © Sutton Images
拡大
関連リンク

FIAはピレリとのタイヤテスト実施に関してメルセデスには国際法廷に出向くよう指示したものの、フェラーリのケースには終止符を打った。

モナコGP週末に発覚した騒動を受けて、FIAはメルセデスとフェラーリの両チームにそれぞれのテストに関する質問に答えるよう求めていた。タイヤテストではメルセデスが2013年型マシンを用いた一方で、フェラーリは2年落ちの2011年型マシンを走らせており、結果的にFIAはメルセデスだけを国際法廷に呼び出している。

FIAが発行した声明は以下の通り。

「モナコGPのスチュワードはFIAへの報告書の中で、2013年5月15日から17日にかけてバルセロナでチーム・メルセデスAMGペトロナスF1参加の下にピレリが実施したタイヤテストセッションに関する問題を取り上げた」

「FIAは本件についてピレリおよびチーム・メルセデスAMGペトロナスF1に説明を求めた」

「また、FIAは2013年4月23日、24日にバルセロナでピレリとともにタイヤテストに参加したスクーデリア・フェラーリにも質問をしている」

「FIAはその他すべてのF1チームに対して、2013年シーズン中にピレリによって行われた全テストに関する情報を持っていればFIAに提供するよう要請した」

「受け取ったすべての返信を踏まえると共に今回の質問を通して集まった情報を考慮し、FIAが訴追団体として行動する中でFIA会長は次のことを決断した」

  •  2013年4月23日から24日にかけてバルセロナで実施されたテストはピレリが主催しており、2011年型マシンが使用されたことを踏まえるとFIA規約に違反するとは考えられず、スクーデリア・フェラーリ・チームに関する一件は打ち切る。

  •  2013年5月15日から17日にかけてピレリとチーム・メルセデスAMGペトロナスF1がバルセロナで実施したタイヤテストの一件については、質問の結果、このテストの条件がFIA規約の違反に適用される可能性があるため、FIA国際法廷に持ち込む。

「FIA国際法廷はFIA司法および規律に従って判決を下すことが求められる」

© ESPN Sports Media Ltd.