Ferrari

/ News

  • ルイス・ハミルトン
  • ライバルが現れる前は「引退も考えた」ハミルトン
  • 2017年9月24日: F1から引退することを考えたことがあるとルイス・ハミルトンが認めた。しかし、セバスチャン・ベッテルとバトルをするようになり、スポーツに残ろうというモチベーションが復活したという。

  • シンガポールGP
  • ベッテルは貴重なポイントを取りこぼしたとラウダ
  • 2017年9月24日: メルセデス非常勤会長を務めるニキ・ラウダはシンガポールGPスタートでセバスチャン・ベッテルが犯したリスクは度を超えており、貴重なポイントを台無しにしたと考えているようだ。

  • ザウバー
  • ルクレール、4戦でFP1出走の権利を得る
  • 2017年9月22日: シーズンの残る6戦のうち4戦でフェラーリジュニアのシャルル・ルクレールがザウバーでフリー走行1回目のドライビングを任されることになった。

  • マックス・フェルスタッペン
  • ベッテルは「罰せられるべき」とヨス
  • 2017年9月20日: スタートでセバスチャン・ベッテルがチャンピオンシップ争いのことを考えていたならば、あの劇的なクラッシュは避けられただろうとマックス・フェルスタッペンは考えている。

  • メルセデス
  • フェラーリに同情心を示すウォルフ
  • 2017年9月18日: シンガポールGPのオープニングラップで両ドライバーが姿を消したフェラーリの気持ちが分かるとメルセデスのクリスチャン・トト・ウォルフが語っている。

  • シンガポールGP - フェラーリ - 決勝
  • フェラーリ、まさかのダブルリタイア
  • 2017年9月18日: フェラーリは17日(日)、シーズン第14戦シンガポールGP決勝レースに挑むも、雨天で始まったオープニングラップで2台ともリタイアを喫した。

  • シンガポールGP
  • スタートの事故はおとがめなし
  • 2017年9月18日: シンガポールGP決勝レースのオープニングラップで発生したマックス・フェルスタッペン、キミ・ライコネン、セバスチャン・ベッテルの3人が絡む事故に関して、レーススチュワードはおとがめなしの裁定を下した。

  • マックス・フェルスタッペン
  • ベッテルを名指しで非難するフェルスタッペン
  • 2017年9月18日: シンガポールGPのオープニングラップで上位3台をリタイアに追い込んだ接触の"主な"責任は、セバスチャン・ベッテルにあるとマックス・フェルスタッペンは考えている。

  • キミ・ライコネン
  • 「4番手ならよしとしよう」とライコネン
  • 2017年9月17日: シンガポールGPの予選を通して"快適にはほど遠い"状態だったというキミ・ライコネンは、グリッド2列目に滑り込めたことに満足しているという。

  • セバスチャン・ベッテル
  • フェラーリはまだ戦えるとベッテル
  • 2017年9月16日: 初日こそレッドブルのペースにかなわなかったものの、セバスチャン・ベッテルはシンガポールGPの予選でフェラーリがもっと強くなると信じている。

  • メルセデス
  • メルセデスは1ラップの速さで戦えるとドライバー陣
  • 2017年9月15日: フェラーリとレッドブルにアドバンテージがあると予想されるシンガポールGPだが、メルセデスの1ラップのペースを生かせば対処できるはずだとルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは考えている。

  • セバスチャン・ベッテル
  • アドバンテージを過信しないベッテル
  • 2017年9月14日: 今週末のシンガポール市街地サーキットがメルセデスよりフェラーリ向きだとの説をセバスチャン・ベッテルはあまり信じていない。

  • キミ・ライコネン
  • 有力説に惑わされないライコネン
  • 2017年9月14日: 今週末のシンガポールGPで最有力のタグを貼り付けられたフェラーリだが、キミ・ライコネンがそれに浮かれる様子はない。

  • ハースF1チーム
  • フェラーリジュニアの起用に消極的なハース
  • 2017年9月13日: 将来的にフェラーリのジュニアドライバーに自分のチームでフルタイムのレースシートを与えることはビジネス的に意味を成さないとジーン・ハースは言う。

  • フェラーリ
  • 「簡単ではつまらない」とベッテル
  • 2017年9月12日: セバスチャン・ベッテルは今シーズン残りのレースでフェラーリがパフォーマンス不足を恐れる理由はないと考えている。

  • バルテリ・ボッタス
  • 必要ならチームプレーヤーになるとボッタス
  • 2017年9月9日: 2017年の残るレースでルイス・ハミルトンに道を譲れと言われれば、常にメルセデスにとってベストなことをするとバルテリ・ボッタスが語っている。

  • ハースF1チーム
  • ブレーキ問題解決は2018年の必須事項とハース
  • 2017年9月8日: チームがずっと頭を悩ませているブレーキ問題について、2017年の初めにもっとアグレッシブにソリューションを探しておくべきだったとハースF1チームのギュンサー・シュタイナー代表が悔やんでいる。

Top of the Page上へ