Ferrari

/ News

  • フェラーリ

アロンソより上にも行けたとマッサ

M.S.
2012年10月27日 « 2012年第17戦ドライバーコメント予選 | 絶対にタイトルを取るとアロンソ »
さらに上のポジションもあり得たというマッサ © Sutton Images
拡大

フェラーリのフェリペ・マッサはターン6でミスしなければインドGP予選で6番手より上に行けたはずだと話している。

マッサは僚友フェルナンド・アロンソと並んで3列目から決勝をスタートする予定であり、前方1列目にはレッドブル、2列目にはマクラーレンの2台がそれぞれ控えている。今季にマッサが予選でアロンソを凌いだのは1度きりだが、インドではたった0.084秒遅れであり、クリーンなラップができればチームメイトを下すことも可能だったと考えている。

「6番手にはまあまあ満足。Q3のターン6でミスしなければ、もっと前でスタートできた可能性はあるけどね。予選ではレッドブルが速く、マクラーレンは僕らの少し前、その次が僕らだ。レースでは状況が少し変わるから、この4台とトップ争いがしたい」

「明日はたくさんのキーポイントがある。スタート、戦略、タイヤウエア、それからミスをしないこと。すごく長いレースになるから、しっかり集中しないとね。今日はパーフェクトなラップをまとめるのが簡単じゃなかった。路面がまだかなりスリッピーなせいもある。ここでのアップデートは機能しているようだけど、直近のライバルの前に出るにはちょっと足りないかもしれない」

金曜日に幾度か起こったスピンの原因とされる"セッティング"問題をフェラーリが解決できたか尋ねられたマッサはこう答えた。

「僕は少しミスをしていて、とにかく正しいセットアップを探すことに努めた。マシンは予選でずっとコンペティティブになったと思うけど、もうスピンすることがないよう願っているし、レースではもっとマシンが安定していればいいね」

© ESPN Sports Media Ltd.