Ferrari

/ News

  • フェラーリ

フェラーリに必要なのは0.2秒

Me
2012年10月19日 « アンドレッティがR30をドライブへ | カーティケヤン、インディも視野に? »
実質的なレッドブルとの差はほんのわずかだとドメニカリは強調した © Sutton Images
拡大

あと0.2秒タイムアップできれば、フェルナンド・アロンソは2012のワールドチャンピオンシップに勝利することができるという。

「われわれは少なくとも0.2秒を見つけ出さなければならない」とフェラーリチーム代表のステファノ・ドメニカリはドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』に語った。

韓国でのアロンソの自己ベストタイムは最速のレッドブルより0.4秒遅かったが、もう1台のF2012に乗るフェリペ・マッサはそのペースから0.2秒遅れにとどまっている。

この時のマッサは新しいエキゾーストレイアウトを使用していたとされており、来週末のインドではアロンソの赤いマシンにもそれが搭載される見込みだ。

チャンピオンシップで6ポイントリードするレッドブルのセバスチャン・ベッテルに対抗するために、フェラーリが必要とするステップは非常に小さなものだとドメニカリは述べた。

「マシンを作り直す必要はない」と彼は言う。

大きなアドバンテージを持っているように見えるレッドブルだが、デザイナーのエイドリアン・ニューイは慎重だ。

「われわれがフェラーリに対するこのアドバンテージを維持できる保証はない」とニューイはイタリア紙『La Stampa(ラ・スタンパ)』に語った。

「今年は2戦以上連続して独走したチームはいない」と彼は付け加えた。「韓国ではタイヤの過度な消費が非常に心配だった」

アロンソはブラジルの『Totalrace(トータルレース)』にこうコメントしている。「5戦前はマクラーレンが残りすべてのレースに勝つかもしれないと言われていた。でも韓国ではもう少しでポイント圏外になるところだった」

「僕らは6ポイントの後れを取っているけど、まだゲームには100ポイント残っている。チャンピオンシップで勝つことは十分に可能だ」

© ESPN Sports Media Ltd.