Ferrari

/ News

  • フェラーリ

フェラーリ、ビアンキとリゴンをテストか

M.S.
2012年8月27日 « 夏休み明け2連戦の勝利を目指すバトン | エクレストンが3度目の結婚 »
フォース・インディアでも走る見込みのビアンキ © Sutton Images
拡大

モンツァでイタリアGPが開催された後の数日間が、フェラーリの2013年ドライバーラインアップにとってきわめて重要になるかもしれない。

イタリア『Autosprint(オートスプリント)』によればフェラーリはマニクールでのテストに育成ドライバーのジュール・ビアンキとダビデ・リゴンを参加させる計画であることがほぼ確実だという。

9月中旬、かつてフランスGPが行われていたマニクールにて、フェラーリはメルセデスやフォース・インディアと共に各チームに許容されている"若手ドライバー"テストを実施する予定だ。

フランス出身のビアンキはフォース・インディアの今季リザーブドライバーでもあり、おそらくは母国のサーキットで2種類のマシンに乗ることになる。

昨年GP2のクラッシュで足に重傷を負ったイタリア出身のリゴンは2012年もフェラーリとの関係を延長。これまでにシミュレーターや直線テストに取り組んできた。

一方でオートスプリント誌はフェラーリがまだマニクールのラインアップを正式発表していないことも認めている。

© ESPN Sports Media Ltd.