Ferrari

/ News

  • フェルナンド・アロンソ

元王者たちからアロンソに称賛の嵐

Me
2012年7月25日 « 2013年残留を願うグロージャン | メルセデスに協定署名を促すウィットマーシュ »
多くの元ワールドチャンピオンが口をそろえてアロンソが"ナンバーワン"だという © Press Association
拡大

2012年にフェルナンド・アロンソは3度目のドライバーズタイトルを獲得するだろうと複数のワールドチャンピオンが予言している。

イタリア紙『La Gazzetta dello Sport(ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト)』のベテラン通信員ピーノ・アリエビは、現在の選手権リーダーでホッケンハイムの勝者のアロンソは"パーフェクトなドライバー"だと述べた。

またアロンソは、ニキ・ラウダやアラン・プロスト、ジャッキー・スチュワート卿、デイモン・ヒル、ジャック・ビルヌーブといった元王者たちの"イマジネーションを刺激した"ようだ。

「彼は私自身にも似ているし、少しプロストを思い起こさせる」と3度の世界王者ラウダは述べた。

「私たちは分析的だった。フェルナンドもまた、ほかの誰にもまねできないレースのビジョンを持っている」

同じ3冠王者のスチュワート卿も同意見だ。

「現役F1ドライバーで誰がベストかを選ぶ投票を興味深く見ているが、悩む人がいることは驚きだよ」

「私はまったく迷わないね。アロンソがナンバーワンだ。(彼は)ほかとは異次元だよ」とスチュワート卿は述べた。

4度の王座を獲得しているプロストの意見はこうだ。「フェルナンドはどんな時も冷静で、マシンが最高でなくてもベストを引き出す方法を知っている」

1997年の王者で、一時期アロンソとルノーのガレージを共有していたビルヌーブは、ハンガリーGP中に31歳の誕生日を迎えるアロンソについて、"ミスをしないたった1人のドライバー"と称した。

「ああ、間違いなく彼がチャンピオン最有力だね」とフランス系カナダ人のビルヌーブは述べた。

1996年王者のヒルも賛同する。「私はフェラーリの仕事ぶりにも敬服するが、チームがこれほど競争力をつけたのは彼(アロンソ)によるところも大きい」

© ESPN Sports Media Ltd.