Ferrari

/ News

  • フェリペ・マッサ

ガゼッタ紙はペレスを一押し

Me
2012年3月21日 « メルセデスはレッドブルに疑いの目 | 鈴鹿を走ったサロ、現代F1マシンに感銘 »
イタリアメディアは開幕戦のマッサに厳しい評価を下した © Getty Images
拡大

21日(水)、イタリア各紙にフェリペ・マッサの後任候補の名前が次々と踊り、彼のF1キャリアが危機に瀕している。

『Autosprint(オートスプリント)』はグランプリウイナーで失業中のヤルノ・トゥルーリなら、すぐにでも交代が可能だと報じた。

フェラーリはセパンを前にF2012の新たなシャシーを投入すると発表しており、これをマッサ解任の布石を捉える向きもある。

21日、フェラーリがドライバー交代を考えていると報じた『La Gazzetta dello Sport(ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト)』は、イタリアチームがシーズン半ばでドライバーを変えるのは1985年のルネ・アルヌー以来だと伝えている。

同紙はフェラーリ育成ドライバーの1人で、現在ザウバーのドライバーを務めるセルジオ・ペレスと、元フォース・インディアのエイドリアン・スーティルが選択肢に含まれていると述べた。

『Autosprint(オートスプリント)』のウェブサイト上ではマッサの後任には誰がふさわしいかという読者投票まで行われており、ペレス、バリチェロ、トゥルーリが上位を争っている。

交代の必要なしとの票は全体の一割程度。2009年のハンガリーで大ケガを負い、復帰を果たしたマッサが以前の輝きを取り戻せる日は来るのだろうか。

© ESPN Sports Media Ltd.