Ferrari

/ News

  • フェルナンド・アロンソ

「ハミルトンはベッテルより上」とアロンソ

Kay Tanaka
2012年1月19日 « FIA、DRSを最適化 | ブルーノは1年契約? »
認め合うかつてのチームメイト © Getty Images
拡大

ルイス・ハミルトン(マクラーレン)はセバスチャン・ベッテル(レッドブル)よりも優れたドライバーだ。

こう主張しているのは、1シーズンだけハミルトンのチームメイトを務めたことがあるフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)だ。

2011年のベッテルはルノー時代のアロンソ以来となる2年連続ワールドチャンピオンに輝いたが、ハミルトンは2008年の一度しかタイトルを手にしていない。

それでもアロンソは、レッドブルの若きスターよりもハミルトンの能力を評価している。

「ルイスはすごく速いしアグレッシブで、完全に集中している。彼が興味を示しているのは勝利だけだ」と『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』に語るアロンソは、こうも続けた。

「セバスチャンはまだそのレベルに達していない」

「彼が2度のワールドチャンピオンであることは知っているけど、レベル的にはわずかにルイスを下回るんだ」

それでも1996年ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは、2011年のハミルトンは十分に集中できていなかったと指摘。

「ルイスはプロフェッショナルなレーシングドライバーであると同時に、自らのプライベートをきちんとマネジメントできることを証明しなければならない」と『The Sun(ザ・サン)』に語るヒルは、こう付け加えた。

「昨シーズンはいくつかの問題を抱えてしまったと自覚するべきだ。今後、彼がどれほど対応できるかに期待しよう」

© ESPN Sports Media Ltd.