Ferrari

/ News

  • フェルナンド・アロンソ

アロンソ、巨額の税金と共に故郷へ

M.S.
2011年5月24日 « ホーナー、レースのペースダウンはタイヤが理由 | モナコでDRSの効果はないだろうとハミルトン »
新契約は推定197億5,000万円だと伝えられるアロンソ © Sutton Images
拡大

伝えられるところによると、フェラーリのフェルナンド・アロンソが母国に引っ越し、5,000万ポンド(約65億8,300万円)の税金を収めたようだ。

『Mirror(ミラー)』紙によればこの金額は2016年までのフェラーリ残留にサインしたアロンソの新しい契約金の3分の1にあたるという。これまでアロンソは他の多くのドライバーと同様、スポーツマンが直面する巨額の税金を回避するために、税金面で優遇される"タックスヘイブン"のスイスに居を構えていた。

しかしながら、F1での将来をつなぎ止めたアロンソは家族と友人との距離を縮めるためにスペイン北部のオビエドに戻った。

「地元に戻るのは素晴らしいね。喜んでお金を払うよ。僕は貧しくないけど、今は少しだけリッチじゃなくなったかな」

© ESPN Sports Media Ltd.