Ferrari

/ News

  • 日本GP - フェラーリ - 決勝

ベッテル、「スタートはひどかった」

Me / Jim
2019年10月13日 « レーシング・ポイントがルノーの違反を申し立て | 驚異の6連覇を達成したメルセデス »
© Toshifumi KITAMURA / AFP
拡大

13日(日)、シーズン第17戦日本GP決勝レースに挑んだフェラーリはフロントロースタートも出だしで遅れたセバスチャン・ベッテルが2位、1周目に他車と接触して後退したシャルル・ルクレールは最終的に7位となった。

レッドブルのマックス・フェルスタッペンにぶつかったルクレールはレース後に審議を受け、5秒のタイムペナルティを受けている。また、このインシデントでマシンにダメージを抱えたにもかかわらず、ピットに入らず、コース上でさらなるインシデントを引き起こすリスクを高めたとしてルクレールにはさらに10秒のタイムペナルティが科せられたため、6番目にゴールしていたルクレールは7位に降格した。

セバスチャン・ベッテル

「午前中はすごく良かったけど、午後はチームで達成したリザルトという点ではもうひとつかな。スタートは僕もシャルルも良くなかった。それがなければ2台とも先頭で戦えたはずだ。今日は難しかったし、正直、ライバルたちが単純に速かった。バルテリ(ボッタス/メルセデス)は飛んでいるみたいだったよ。僕のスタートはひどかった。少しクラッチの操作が早くて、もう一度つなぎ直していたら、勢いを失ってしまった。通常、僕らはスタートが得意なんだけど、今回はだめだったね。その後はライバルと比べてレースのスピードが少し足りなかった。バルテリやルイス(ハミルトン/メルセデス)よりもタイヤを使ってしまっていた。特にスティントの終わりになると、ライバルたちがペースを保っているのに対し、僕らは落ち方が大きかった。最後の方はルイスの前にとどまることだけを目標にしていたよ。彼がストレートでオーバーテイクに苦戦しているのは分かっていたから、とにかく大事な場所でクリーンに立ち上がろうと努力した」

シャルル・ルクレール

「タフなレースだった。僕はスタートでミスをして、ターン1でマックス(フェルスタッペン/レッドブル)と接触し、フロントウイングにダメージを負った。残念ながらそれで2人のレースは損なわれてしまった。前に進むことで最善を尽くそうとしていたんだ。最初のストップでフロントウイングを交換してから、全ての力を振り絞ったよ。1つでも多くポジションを取り戻そうとした。他のクルマをオーバーテイクして上がっていくのは楽しかったものの、6位というのは僕らの目標じゃないし、満足できるリザルトでもない。全体を通して難しい週末だった。これからのレースで再びいいリザルトを持ち帰る機会があるのを楽しみにしている」

マッティア・ビノット(チーム代表)

「今日、再びその活躍にふさわしいコンストラクターズ選手権制覇を成し遂げたライバルであり友人でもある彼らに、私たち全員からの祝福を送る。シーズンを通して、シンプルに彼らが最高の仕事を果たしたのであり、それこそこのビジネスにおいてやるべきことである。われわれに関しては、ポジティブな面を挙げておきたいので、すなわち、今朝の予選でフロントローを独占するのに十分優れいていたマシンパフォーマンスがそれにあたる。予選のフロントローはこの鈴鹿においてケタ外れの結果だ。レースについては、自分たちで巻いた種を刈り取れなかったことにがっかりしている。悔しい。確かにライバルのペースがとても強力だったと言わざるを得ず、われわれの方がタイヤのデグラデーションに苦しんだとはいえ、スタートが残りのレースを台無しにした。われわれがミスを犯した。改善するために自分たちのことに目を向けなければならない」


DAZNに新規加入すると『レッドブル/トロ・ロッソのドライバーサイン入りグッズ』が抽選で当たる!
1カ月無料体験実施中!

© ESPN Sports Media Ltd.