Ferrari

/ News

  • フェラーリ

ビノット、裁定に不満も「受け入れている」

Jim
2019年7月1日 « 八郷社長、「これからもファンの皆様とともに」 | 「次の進歩につながるはず」とルクレール »
© Octane/Action Plus via Getty Images
拡大

フェラーリ代表のマッティア・ビノットはオーストリアGP決勝レースでシャルル・ルクレールをおさえてゴールしたマックス・フェルスタッペンの優勝が確定したスチュワードの裁定に対し、チームが控訴することはないと認めた。

ポールスタートだったルクレールは残り3周を切るまで先頭をキープしていたが、69周目のターン3でフェルスタッペンにオーバーテイクされて2番手に後退。この際、フェルスタッペンがインサイドに飛び込んだことでタイヤ同士が接触し、ルクレールはコーナー出口でコースを飛び出した。

レース後にドライバーとチーム代表者が説明に訪れてから3時間、スチュワードはおとがめなしの判断を下したと発表している。ビノットはスチュワードの見解に同意しないとしながらも、裁定に対して上訴するメリットがないと明かした。

「フェラーリの見解と立場? われわれは今でも間違った判断だと思っている。それがわれわれ自身の見解だ。シャルルはきっちりとスペースを残し、一切のミスがなかったが、接触が発生し、コース外に押し出されたわけだから、理解するしないにかかわらず、これらは明白なルールだと考えている。そして、その同じルールが過去のレースで適用されてきた」

「それでも、われわれはスチュワードの判断を完全に尊重している。彼らがジャッジであり、それを尊重しなければならない。それ以上に、フェラーリファンとして――私も究極はフェラーリファンだ――F1にとってページをめくって前を向くタイミングだと思うし、レースでは他のインシデントやアクシデントが起きるかもしれない」

カナダGPではラップリーダーだったセバスチャン・ベッテルが5秒ペナルティを科されて勝利を逃し、フェラーリはその裁定に関連して上訴したものの、その申請は棄却されている。オーストリアでもフェラーリには上訴することができたが、ビノットは行動を起こす意向がないことを明かしている。

「われわれは上訴できる。今夜にも上訴の意向を示し、追って上訴することが可能だ。しかし、われわれの結論は否、F1にとってはページをめくって前を向くべきときだと思うからだ」

また、ビノットによると、カナダとオーストリアのインシデントに関して比較がなされていないとのことだが、今回は接触を引き起こした原因がフェルスタッペンにあると考えているようだ。

「明らかに、2つのケースで解釈が異なっていると思う。それが、今日の裁定に満足できていない理由だ。われわれにとってのルールは明白だと思う。接触が発生し、彼はコース外に押し出され、それを強要されたわけだが、今回もおとがめなしだ。それはそれでしょうがない」

今回の裁定に納得していないことを強調しつつも、ビノットは勝利したフェルスタッペンをたたえている。

「よく言うように、ドライバーたちに自由に戦わせるべきだ。全体として、それがF1の良いことにつながるものだし、F1にとって良いことだからだ。ゆえに、フェルスタッペンには"ブラボー"と伝えたい。今日の彼はシャルルと同じようにファンタスティックなレースを走った。われわれには今後、新たなチャンスがあるだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.