Ferrari

/ News

  • アゼルバイジャンGP - ピレリ - 初日

ミディアムとソフトの差を1.7秒程度と見るピレリ

Jim
2019年4月27日 « 一発の速さは要改善とメルセデス | 忙しいセッションだったと振り返るマクラーレン »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

26日(金)、シーズン第4戦アゼルバイジャンGP初日に実施された2回目のフリー走行はフェラーリのシャルル・ルクレールがピレリのソフトタイヤ(C4)でトップタイムを刻んだ。

0.374秒差で相棒のセバスチャン・ベッテルが2番手に入り、3番手にはメルセデスのルイス・ハミルトンがつけている。

初回セッションは路面トラブルの影響でウィリアムズのジョージ・ラッセルがクラッシュを喫し、赤旗を経て約30分で終了したため、ほとんどのドライバーがタイムを記録できていない。唯一、タイムシートに名前を刻んだのはフェラーリで、ここでもルクレールがトップ、ベッテルが2番手のオーダーだった。

マリオ・イゾラ(自動車レース責任者)

「ストリートサーキットがもたらすあらゆる予測不能な事態を示すことになった今日のバクーはわずかに結論の出せない初日となった。FP1がほぼ走れていなかったため、FP2は路面がとりわけ滑りやすく、それに伴う路面の進化に加えて、マシンのウオールとのクラッシュによるさらなる赤旗中断もあり、コンパウンド間のパフォーマンス差に関して実際のところを見るのが難しくなった。これだけロングコースだとギャップはかなり大きくなるのが基本だが、現時点で明日にはミディアムとソフトのギャップが1.7秒程度になると予想している。ただ、いくつか、すでに浮上しているテーマもある。摩耗とデグラデーションは非常に低く、初日のセッションではフェラーリが両タイヤコンパウンドでとりわけ強力なパフォーマンスを見せていた。今日はほとんどのショートランとロングランが中断を強いられていたので、明日のFP3は各車とも、ついに真剣勝負となる予選に向けた準備に取り組むだろうから、かなり重要になってくるだろう」

© ESPN Sports Media Ltd.