Ferrari

/ News

  • キミ・ライコネン

ライコネン、「もう少し空間を与えることは可能だったかも」

Me
2018年10月7日 « トラブルでリタイアも「楽しかった」とルクレール | ベッテル、接触はフェルスタッペンの責任 »
© Toshifumi KITAMURA / AFP
拡大

日本GPのオープニングラップでのマックス・フェルスタッペンとの接触は避けられたかもしれないとキミ・ライコネンが認めている。自分がフェルスタッペンにもう少しスペースを与えることは可能だったと考えているようだ。

フェルスタッペンはブレーキをロックさせて最終シケインで深く突っ込みすぎてしまい、芝の上を通過してコースに戻りながら、ライコネンの側面に衝突した。スチュワードはフェルスタッペンに非があると判断し、5秒のペナルティを科したが、レッドブルドライバーは納得していない。

この件についてライコネンはレース後、今から思えば違う対応ができたかもしれないと振り返っている。また彼はフェルスタッペンに自分と接触するつもりはなかったはずだと強調した。

「理想を言えば、彼にもうちょっと(スペースを)与えられたかもしれない」とライコネンは述べた。「僕はアウトサイドから回り、できるだけ隙間を与えようとはしたんだけどね。ただ、縁石を乗り越えて戻ってきた時にクルマが跳ねてしまって、クルマを曲げるのが不可能な状態になることはたまにある。今回がそうだったのかどうかは知らないけど」

「彼はわざと誰かにぶつけるようなまねはしないよ。コース上で僕らが並んでいたとしたら、無理に寄せてくることはないはずだ。そうしたらどうなるかなんて誰にでも分かるんだから」

そこからライコネンは比較的孤独なレースを続け、チームメイトのセバスチャン・ベッテルより1つ上の5位でフィニッシュしている。ベッテルは今回もシーズンの折り返し地点から続く悪夢を振り払えなかった。

ルイス・ハミルトンが勝利し、バルテリ・ボッタスが2位に入ったことで、メルセデスはコンストラクターズ選手権のリードを今季最大の78ポイントに広げており、フェラーリにとっては忘れたいレースだとライコネンは述べた。

「全体的に難しい週末で、いろいろ調べる必要がある」と彼は言う。「週末を通して改善し、どんどん良くなっていたけど、純粋に結果だけを見れば僕らが望んだものとはほど遠い」

「でもまあ、そんなものだよ。僕らは問題ををきちんと片付ける必要があり、次回はもっとクリーンな週末を過ごせることを願うばかりだ」

© ESPN Sports Media Ltd.