Ferrari

/ News

  • イタリアGP - フェラーリ - 決勝

ライコネン、ベストを尽くすも「十分ではなかった」

Nobu / Jim
2018年9月3日 « 2台とも接触の犠牲になったトロ・ロッソ | ハミルトンがスペースを残さなかったとベッテル »
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

2日(日)に開催されたシーズン第14戦イタリアGP決勝レースでフロントロースタートだったフェラーリはキミ・ライコネンが2位、セバスチャン・ベッテルは4位入賞にとどまった。

セバスチャン・ベッテル

「レース最初のターン1と4でキミをオーバーテイクしようとしたけどできなかった。彼がブレーキを開けたことは問題ではないけど、僕は横に動いてルイスとのギャップを開けようとした。そこでスペースを空けていたけど、もうチャンスはなかった。ルイスと接触したとき、不運にもぐるっとスピンしてしまい、マシンは結構なダメージを受けた。違った結果になったかもしれないけど、こうなってしまった。残念ながら僕のレースは終わってしまった。でも後ろからできるだけ前に戻れるようにベストを尽くしたよ。ともかく、最悪の結果になってもおかしくなかった。僕たちにはペースがあったし、間違いなく勝てたから、当然がっかりしている。チャンピオンシップではたくさんのポイントを取り返さないといけないけど、まだ改善する時間はあるしリカバリーする余裕もある。今日は違った結果を出せたはずだからティフォシに謝りたい」

キミ・ライコネン

「今日のクルマはとても良かった。最初のタイヤセットは大丈夫だったけど、第2セットは予想したほどもたなかった。仕方なかったと思う。ずっとプッシュしていたし、ひと休みしてタイヤをケアする余裕は一瞬もなかった。もっといい結果にしたかったのは間違いないけど、結果は結果だ。ベストを尽くしたけど十分ではなかった。どうすべきだったか後から空想するのは簡単だけど、そのときは正しいと思ったことをやったんだし、別にそれは悪いことではない。2位という結果は理想じゃないけど、それでもうれしい。左のリアタイヤはラバーが残ってなかったから、レースを完走しただけでもラッキーだったと思う。これからのレースはどこでも接戦になる。ベストを尽くし続けて、最後のレースに向かうときには追いつけていれればと思う」

マウリツィオ・アリバベーネ(チーム代表)

「当然ながら、週末を通して最高の形で声援を送ってくれたファンのためにわれわれが用意したかった結果とは異なる。ファンにはチームを代表して感謝申し上げる。2つ目のシケインで接触が発生した後、キミは自力で2人のライバルと戦わなければならず、マシンにひどいダメージを受けたセブ(ベッテル)は順位を回復させようと戦った。われわれには非常に強力なマシンがあると分かっていたし、それはフロントローグリッドを独占した事実によって明白に証明されている。ここから重要なのは決してあきらめることなく、整然と断固たる方法で、チームとして対応すること。チャンピオンシップはまだ先が長い。すでにシンガポールでの次なるチャレンジに向けて準備を進めている」

© ESPN Sports Media Ltd.