Ferrari

/ News

  • フェラーリ

アリバベーネ、メルセデスの発言は「恥ずべき」もの

Jim
2018年7月9日 « メルセデス、フェラーリは「意図的なのか、無能なのか」 | ライコネン妻がハミルトンをチクリ »
© Andrej ISAKOVIC / AFP
拡大

フェラーリ代表のマウリツィオ・アリバベーネはイギリスGP決勝のスタートでキミ・ライコネンが意図的にルイス・ハミルトンにぶつかったのではないかと疑ったジェームス・アリソンは紳士になる方法を学ぶべきだと主張した。

今年のシルバーストーンではフェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝し、ルイス・ハミルトンの母国グランプリの連勝は4でストップ(メルセデスとしては5連勝)。そのレース後に発せられたコメントが物議をかもしている。ハミルトンはターン3で発生したライコネンとのクラッシュをフェラーリの「興味深い戦術」と呼び、ウォルフもまた、インシデントに疑問を呈した。

ウォルフは「ジェームス・アリソンの言葉を言えば"意図的か、それとも無能なのか?"だ。つまり、そこから判断すればいいということ」と述べている。

今はメルセデスでテクニカルディレクターを務めるアリソンは2016年半ばにフェラーリを離れ、昨季に先だって今のチームに加わった。ウォルフが示唆したかつての同僚であるアリソンの発言を批判したアリバベーネはレース後、『Sky Italia(スカイ・イタリア)』にこう語っている。

「はっきりさせておこうと思ってここにきた。もし彼(アリソン)が実際にそういうことを言ったのなら、自分を恥ずべきだ。彼は長年マラネロで働いてきたし、マラネロから少しとは言わない金も得ていた。今は今の仕事をしているのだろうが、エレガントにやらねばならず、負け方も知っているべきだ」

「それに、ここはイングランド。時に彼らはジェントルマンが何たるかを教えたがる。まずは彼からどうぞ。正直、かなりムッとしている」

「それから、無能とは誰のことだ? キミか? マシンに乗ったドライバーの行動を批評するというのか。ジャック(ビルヌーブ/スカイ・イタリアの批評家)の言葉なら受け入れられる。彼はドライバーだったからだ。だが、その人? ない」

また、アリバベーネはハミルトンが3番手を守ることになった理由にもっと時間を割くべきだとも強調。ハミルトンはポールポジションからスタートするも蹴り出しがにぶく、序盤の数コーナーは守りの走りに徹することになった。

「まず、(アリソンは)テレメトリーを調べ、なぜ彼のドライバーが残念ながら最悪のスタートになってしまったのかを理解すべきだ。最悪のスタートだったから即座に2つのポジションを失った。キミは素晴らしいスタートを決めている。われわれもテレメトリーのデータはあるし、彼はすぐにハミルトンを捕らえられたのだ」

「皆さんに忘れてほしくないのは、中国でベッテルとフェルスタッペンの一件があった時、誰も何も言わなかった。何の問題もない。ただ、なんと言うか、彼らにメッセージを送りたい。あれは見事なバトルだったし、見ている者を魅了するバトルだった。きっとこの先もバトルはあるだろうし、そのほとんどはメルセデスが制するだろう。今回はわれわれにとって一流であり続けることのレッスン。彼らは今日、それができていなかった」

© ESPN Sports Media Ltd.