Ferrari

/ News

  • バルセロナテスト - フェラーリ - 最終日

満足感を得てテストを終了したライコネン

Jim
2018年3月10日 « ハミルトンとボッタスが合計201周 | バトルに自信を見せるリカルド »
© Jerry Andre/Sutton Images
拡大

2018年プレシーズンテストが終了した9日(金)、フェラーリのプログラムを担当したキミ・ライコネンは157周を走破し、1分17秒221を刻んでタイムシートトップに立った。

キミ・ライコネン

「全体的に、良いパッケージだと思う。もちろん、テスト序盤の天候は理想的じゃなかったけれど、何日か良い時間を過ごしてテストを終えられた。マシンからは好感触を得ているし、まだいろいろと改善すべきところがあるにしても、ドライブはだいぶ楽だし、いろんなセットアップの変更にも反応が良い。ただ、ライバルと比べて僕らがどのポジションなのかは誰にも分からない。数週間後のメルボルンではもう少し分かってくるだろうけど、基本的にはシーズン序盤の数戦を終えてからだね。僕はレースが好きだから、開幕が待ちきれない」

© ESPN Sports Media Ltd.