Ferrari

/ News

  • セバスチャン・ベッテル

2017年はハミルトンの方が上だったとベッテル

Jim
2017年10月30日 « さらなる高みを目指すハミルトン | ウォルフ、「今回のレースは何もかも嫌い」 »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

メキシコGPでルイス・ハミルトンとのタイトル争いに敗れたフェラーリのセバスチャン・ベッテルは2017年F1世界選手権を競ってきたハミルトンの方が"優れていた"との考えを明かした。

メキシコGP決勝ではスタート直後にベッテルと接触し、一時は最後尾にまで後退したハミルトンだが、9位でチェッカーフラッグを受け、4度目のタイトル獲得を決めている。チャンピオンになった回数はこれでベッテルと並んだ。ベッテルがチャンピオンシップの望みを先につなげるためにはメキシコで少なくとも2位に入らなければならなかったが、ベッテルもまたオープニングラップの接触で緊急ピットインを強いられ、何とか巻き返したものの、4位が精いっぱいだった。

レース後、『NBC』に「落ち込んでいる。当然ね。自分がもう戦いの中にいないんだって理解しながらゴールするのはきついよ。それがすべて。それ以外は重要じゃない。今日何が起きていたとしても、一番重要なのはルイスの日だってこと。彼が世界王者に輝いた。それにふさわしいと思う」と語ったベッテル。

「どうしても彼を上回りたかったけど、でも今日は彼が主役、今年は彼の1年だ。それが何であれ僕らにはやり残したことがある。今はがっかりしている。来年はまた別のストーリーが待っているし、全員がまた新しいスタートだ。でも、今は、この瞬間は最高の男を称えるべきでしょ。それが今年は彼だったってこと。全体的に彼の方が優れていたわけで、彼の方が良い仕事をした。そういうシンプルなことだよ」

F1史上最も成功を収めたイギリス人ドライバーとなったハミルトンは2017年シーズン第18戦を終えて9勝をマークし、夏休み以降の7戦は5回の優勝を飾っている。対象的に、ベッテルは4勝にとどまり、7月のハンガリーGP以降は表彰台にも上れていない。

ライバルとしてハミルトンの評価を問われたベッテルは『Sky Sports F1(スカイ・スポーツF1)』に「彼を恐れていない。彼とレースをするのが好きだ。今年にもう少しできたらよかったんだけどね。でも、全体として彼らの方が上回っただけだ」とコメントした。

© ESPN Sports Media Ltd.