Ferrari

/ News

  • US GP - フェラーリ - 決勝

フェラーリ、理想的とはいかずもW表彰台

Jim
2017年10月23日 « 4連覇達成を喜ぶハミルトン&ボッタス | フェルスタッペンが16番手から4位入賞 »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

アメリカ時間22日(日)、シーズン第17戦US GP決勝レースに挑んだフェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンは2位と3位でダブル表彰台を達成した。

セバスチャン・ベッテル

「今日はスタートが良かった。日本でもスタートは良かったと思っているけど、ただパワーがなかったから、ここではパワーを発揮できてうれしい。リズムをつかむのに良かったんだけど、数周を走ったらタイヤが熱くなりすぎてかなり苦戦した。勝ちたかったのに勝てなかったから、ちょっとがっかりしている。しっかりと進めているし、僕たちに起きたどんなことも、不運のせいとか、誰かのせいとかじゃない。すべて自分たちが通る道だと、それを受け入れるべきだ。それに、強さを発揮しながらも、戦えなかったレースだってあるし、そっちの方が最悪。ポジティブな面もあるけど、僕たちが望んでいた結果ではないから、もちろん、最高の1日とは言えない」

キミ・ライコネン

「レースを通して僕のマシンはとても調子が良かった。本当に満足しているし、ドライブしていて最高だった。かなりのスピードがあると感じたし、タイヤも最後までしっかり持ってくれた。自分たちにふさわしい予選ポジションからスタートしていれば、このペースならもっとずっと良い結果を残すのに十分だったと確信している。プッシュできる時は必ず前進できていたから、ものすごく気分が良かった。レース終盤はもっと速く走れたんだけど、燃料も管理しないといけなくて、ペースを落としていたから、その制限があったんだ。最終的な結果はもっと良いところにいけたはずだけど、2台そろって表彰台に上れたから、がっかりしすぎることはない。次のレースはもっと強くなれるようにがんばる。フェルスタッペンとのインシデントについてはコメントできない。僕がいた場所からは何が起きたのか見えていなかったから」

マウリツィオ・アリバベーネ(チーム代表)

「今日のレースはスタートからファイナルラップまで接戦のバトルだった。セバスチャンはリードを奪う最高のスタートを切り、キミは好位置につけながら、2人とも複数回のオーバーテイクを披露している。現場のみんなもマラネロのみんなも、チームは金曜日のフリー走行で困難に直面したところから復調を遂げる素晴らしい仕事を果たした。一番重要なのは絶対にあきらめなかったこと、2台が表彰台に上ったこと。理想的な結果ではなかったにせよ、最後まで戦い続けて成し遂げた結果だ。改めて競争力を示したマシンのおかげだ。今日のように、最終戦の最終コーナーをまわるまで戦い続ける」

© ESPN Sports Media Ltd.