Ferrari

/ News

  • フェラーリ

ライコネンの更新は考えるまでもなかったとアリバベーネ

Me
2017年9月7日 « マクラーレン、次期ルール次第では自社製エンジン製造も? | 降格ペナルティは再考すべきとホーナー »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

キミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルのコンビを2018年も継続することはマラネロのチームスピリットのために正しい判断だったとフェラーリ代表のマウリツィオ・アリバベーネが語っている。

フェラーリは8月にライコネンと1年契約を更新したと発表し、その翌週にはベッテルが新たに3年契約を結んだことが発表された。これにより、フェラーリは4年続けて同じドライバーラインアップで戦うことが確定している――これは誰が見ても当然の選択だったとアリバベーネは言う。

「理由は完全に明白ではないか」と彼は述べた。「彼らは過去3年間、素晴らしい連携を見せた。仲も良く、チームの一員となってそのスピリットをチーム全体に行き届かせていた。2人を一緒にとどまらせない理由がどこにも見当たらない」

契約を延長したライコネンだが、この4年間は未勝利の状態が続いている。今年のモナコとハンガリーではあと一歩というところまで近づいたが、どちらもチームメイトのベッテルを立てるかのように2位に甘んじた。ライコネンにはまだ勝てる速さが残っているとアリバベーネは主張し、彼が再びポディウムの頂点に立つ姿を見ることができれば"夢のよう"だと述べた。

「彼はその力を持っていることをモナコで示した。ハンガリーも惜しいところだった。キミが今シーズン中に勝ってくれるなら私はうれしいよ。そうなったら夢のようではないか。彼はこの3年間、本当に懸命に努力してきたのだから、勝ってくれたら私はうれしい」

フェラーリのジュニアドライバーのシャルル・ルクレールは現在、大量のマージンを築いてF2選手権をリードしており、来年はザウバーからF1デビューするとのうわさがある。ルクレールやサードドライバーのアントニオ・ジョビナッツィがライコネンの後任になるためには、その実力をF1で証明しなければならないとアリバベーネは述べた。

「若手ドライバーたちは成長している。われわれの目的はもちろん、若手ドライバーを育成し、将来的にこのチームに入れることだ。それが最終的なゴールだよ。だがその前に彼らはそれにふさわしいことをF1で証明しなければならない」

© ESPN Sports Media Ltd.