Ferrari

/ News

  • イタリアGP - フェラーリ - 決勝

ベッテル、ティフォシに表彰台をプレゼント

Kohei Saito / Jim
2017年9月4日 « アジアラウンドに期待するザウバー | アロンソ、「ハイネケンでも飲んでたんじゃないの」 »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

3日(日)、シーズン第13戦イタリアGP決勝レースでフェラーリのセバスチャン・ベッテルは3位、キミ・ライコネンは5位でフィニッシュした。

セバスチャン・ベッテル

「今日はメルセデス勢ほどの速さはなかったけど、僕たちのスタート位置を考えれば、レースでは最善のリザルトを得られた。理想的とは言えないけれど、僕たちは自分たちが達成したい目標に対してすごく懸命に働いている。今後のサーキットは僕たちにとって問題ないはずだ。自分たちが集中して仕事をしていかなければいけないのは分かっているし、どこを改善すべきかも分かっている。モンツァのサポーターたちの元に戻ってこられてうれしかったし、表彰台に上がった時はすごくアドレナリンが出たね。優勝したかったのはもちろんだけど、僕たちが正しい方向に進んでいる自信はある。今日は僕たちにとって素晴らしい1日とは言えなかったけれど、同時にたくさんの情熱を感じられて素晴らしい気分だった。チャンピオンシップをリードすることは、チャンピオンシップに勝つことに比べれば重要じゃない。最終戦でどの位置にいるのかが重要だ。僕たちがどこを目指しているのか、何を達成したいのかは明白だよ」

キミ・ライコネン

「レース全体を通してマシンのバランスに苦しみ続けた。正しいフィーリングがずっと得られなかったんだ。いくつかのラップでは良くなっていたんだけど、大半の時間はグリップとペースが足りなかった。ドライはもちろん、ウエットでも僕たちはさらに苦しんでいたので、全てのコンディションにおいて難しい週末だった。今回のようなタイプのサーキットにおいて、これは改善すべき部分だね。求めていたようなリザルトにならず、落胆している。もちろんこのサーキットは僕たちにとって決して得意なレイアウトではないけど、ここはホームグランプリだけに残念だ。理論上ではシンガポールは僕たちにもっと適しているはずだから、もし今回のような苦戦が次回も続くようなら驚きだ。前に進み、ベストを尽くさなければいけない」

マウリツィオ・アリバベーネ(チーム代表)

「明らかにテクニカル特性的にSF70Hに適していないコースで難しい週末を過ごした。モンツァでは大勢のチームのファンが声援を送り続けてくれたので、チームの全員が感謝している。ウエットの予選は理想とは程遠かったが、セバスチャンがグリッドで自分より前にいたドライバーたちを上回り、表彰台にたどり着いてくれた。キミはマシンバランスが安定せず、終始、難しい時間を過ごすことになった。チームの全員が最善を尽くしたとはいえ、この結果に満足することはできない。地に足をしっかりとつけ、いつも通りの決意を胸に、次のシンガポールの一戦に挑むつもりだ」

© ESPN Sports Media Ltd.