Ferrari

/ News

  • モナコGP - フェラーリ - 決勝

モナコで久々の1-2を達成したフェラーリ

Me / Jim
2017年5月29日 « サインツ、「完璧な週末」に歓喜 | 無事をアピールするウェーレイン »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

シーズン第6戦モナコGP決勝レースに挑んだ28日(日)、フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンが1-2フィニッシュを達成した。

ポールポジションからスタートしたライコネンは相棒よりも先にピットストップを行うも、その間に猛プッシュしたベッテルがタイヤ交換のタイミングで逆転に成功。セーフティカー導入などアクシデントもあったが、ベッテルがそのままトップでチェッカーを受けている。

セバスチャン・ベッテル

「素晴らしい1日だ。ピットストップ前の数周は自分のペースにびっくりしたよ。僕もキミも初めのうちはリアタイヤに苦戦していたからね。今日のあの数周は昨日の予選よりも良かったと思う。今日はどこまで速く走れるか、僕自身にも予想できなかったんだ。ある地点では1秒か、0.5秒くらいかなと思ったんだけど、結果的にはそれ以上で、そのおかげでトップでコース復帰できた。リードしてレースに勝てるなんて最高だよ。あの数周の間はアドレナリンが噴出していたけど、レースはうまくコントロールできたと思う。トラフィックのいないリーダーはいいリズムをつかめるから明らかに有利だよ。新品タイヤにしてからも自分のポジションをコントロールできた。今週末は1-2フィニッシュできるチャンスがあり、チームはそれを実現した。自分たちに力があることを確認できて良かったよ。今日はたくさんポイントを稼いだね。ここでフェラーリが勝つのは久しぶりだから、最高の1日だ・・・僕はチームのためのドライビングを楽しんだよ。みんなと仕事はすごく楽しい。僕らはお互いにプッシュし合っていて、何より、チームが成長し続けていることが素晴らしい」

キミ・ライコネン

「1位と2位でフィニッシュすることが僕らの願いだったから、チーム全体にとってはいいリザルトだ。ただ、僕が求めていたのは2位じゃなかったから、現時点ではあまりハッピーじゃないけどね。でも、そういうものさ。ハードワークをこなして2位でフィニッシュしたんだから悪くはないけど、それ以上を期待していた。ピットストップ後に周回遅れに引っかかってしまったのが良くなかったけど、それは僕がコントロールできることじゃない。次のカナダはこことはレイアウトが全く違う。何が起こるか予想は難しいけど、とにかくやってみよう」

セルジオ・マルキオンネ(フェラーリ社長兼最高経営責任者)

「長年待ち望んだ瞬間がついに実現した。このレースはわれわれの歴史の一部となるだろう。勝利したことだけでなく、伝統かつ華々しいモナコのグランプリで1-2フィニッシュだ。フェラーリが最後に勝利した時もまた1-2を決めており、当時はシューマッハとバリチェロによって達成された。今日は本当にエキサイティングなレースとなり、真のスクーデリアの姿を見られたと思う。毎日毎日、マラネロで懸命に働き、また現場でも必死に取り組んできたチーム全体と両ドライバーを称えたい。ついに、われらがティフォシにふさわしい満足感を与えられるマシンに仕上げてくれた」

マウリツィオ・アリバベーネ

「マシンのクオリティとドライブする人のクオリティを強調するコースとあって、今日の1-2はチーム全体にとって最高の結果だ。両ドライバーともチャンピオンらしいパフォーマンスだった。ポールからスタートしたキミは予定されていた周回でピットストップするまでレースをリードしていた。セブはリカルドをカバーするために、さらに数周、ステイアウトを続けた。大量の周回をこなしていたにもかかわらず、ウルトラソフトを履いたベッテルのタイムはすさまじく、プレリタイヤの品質を証明する結果だと思う。キミに関してはバックマーカーの後方で相当のタイムを失ってしまったのが残念だ。今日のレースで何よりも重要なのはこのマシンがマラネロでしっかりと仕上げられたという事実同様、現場にいる皆のハードワークが報われたこと。とはいえ、すでに来るカナダでのグランプリを考える時を迎えている」

マッティア・ビノット(最高技術責任者/CTO)

「今日の結果は昨日の予選でフロントローを確保したところからつながった。それはつまり、最大の空力ダウンフォースが求められるサーキットで週末を通して直面したあらゆるコンディションにSF70Hが適していたことを示している。とはいえ、今のところ、どのタイプのサーキットでもうちのマシンはとても良い挙動を見せている。今は先を考え、この後に控える開発の重要性を意識して一歩ずつ進んでいきたい」

© ESPN Sports Media Ltd.