Ferrari

/ News

  • スペインGP - フェラーリ - 決勝

メルセデスと接戦も「まだ改善が必要」とベッテル

Me / Jim
2017年5月15日 « 「報われる結果」を得たヒュルケンベルグ | リカルドが今季初表彰台 »
© Illman/Sutton Images
拡大

カタロニア・サーキットで14日(日)に行われたシーズン第5戦スペインGP決勝、フェラーリはキミ・ライコネンをオープニングラップで欠きながらもセバスチャン・ベッテルが2位表彰台に上った。

ベッテルはスタート後にルイス・ハミルトン(メルセデス)からリードを奪い、第2スティントを終えるまで先頭をキープしていたが、第3スティントにミディアムを履いたベッテルに対してソフトタイヤを選んだハミルトンに逆転を許してしまった。

ライコネンはオープニングラップのターン1でバルテリ・ボッタス(メルセデス)にぶつけられた後、その弾みでレッドブルのマックス・フェルスタッペンとも接触し、マシンダメージを負ってリタイアを喫している。

セバスチャン・ベッテル

「スタートはうまくいった。ルイスがホイールスピンを起こして苦しんでいるのが見えて、他にスタートの良かった人がいないかとずっとミラーをチェックしていたよ。最初のスティントは問題なく進み、彼らにアンダーカットされないようにピットに入った。第2スティントも順調で、タイヤがかなり傷んでいるバルテリに追いつくことができた。ところが彼にブロックされてしまって、最終的にはパスできたけど、その間に大量の時間をロスしてしまった。最終スティントは自分たちにできることをやり尽くしたよ。クルマは良かったし、ルイスとは接戦だった。メルセデスのマシンとレースができると、うれしいよ。完全にとはいかないけど、満足だ。でも、一番大事なのは僕らがしっかりと戦いに参加していたこと。チームの調子はすごくいいけど、僕らは彼らの前に出たいんだから、まだ改善が必要だ」

キミ・ライコネン

「僕はいいスタートを決めたけど、メインストレートでボッタスに1回ブロックされた。そこで一度リフトして、少し左に寄って彼にスペースを与えようとしたんだけど、どういうわけか彼は僕の右リアにヒットしてきたんだ。クルマが跳ねてしまい、フェルスタッペンに衝突してしまった。マックスも僕もどうしようもなかった。あんな風に後ろからヒットされたら、どうしたって接触は避けられない。バルテリには十分なスペースがあったはずなんだけどね。残念ながら僕のレースはそこで終わってしまった。今週末はずっといい走りができていたし、クルマの反応にも満足していたから、本当にがっかりだ」

マウリツィオ・アリバベーネ(チーム代表)

「最終的な結果は悔しいが、うちのマシンが堅実ですこぶる速いと分かってスペインを出発できる。セブ(ベッテル)のレースはスタートからとても良く、何周にも渡ってリードしていた。最終スティントでミディアムタイヤを履いたにもかかわらず、最終的には道を譲りはしたものの、DRSとソフトコンパウンドの利点を生かそうとする一番のライバルであるハミルトンをしっかりと押さえ込んでいた。ボッタスの後ろでタイムを失い、バーチャルセーフティカーでもハミルトンの動きをカバーするため、ピットに入らなければならなかった。キミのレースは第1コーナーの混乱に巻き込まれる格好であっという間に終わってしまった。これがレースだ。まだまだやるべきことが多く、改善できる部分も大量にあると分かっているので、集中力と謙虚さを保っていかなければならない。チャンピオンシップはまだ先が長い。われわれはすでに次のモナコの一戦に焦点を当てている」

© ESPN Sports Media Ltd.