Ferrari

/ News

  • フェラーリ

ライコネンとの話し合いを望むフェラーリ

M.S.
2017年4月10日 « 中国での「信じられない」走りを誇るアロンソ | フェルスタッペンは雨の偉人の一人とホーナー »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

フェラーリ社長のセルジオ・マルキオンネはチームの首脳陣がキミ・ライコネンと共に落胆に終わった中国GPについて話し合いをすることをほのめかした。

開幕戦を4位で終えたライコネンは中国でも苦戦を強いられ、マシン自体にはメルセデスと競うペースがあったにもかかわらず、5位でフィニッシュラインを通過している。チームメイトのセバスチャン・ベッテルは2位に入っており、序盤の戦略上のギャンブルがなければ勝利にも手が届いていたかもしれない。フェラーリとベッテルの賭けは、路面が乾きつつあるタイミングで出動したセーフティカーによって実りなく終わっている。

ライコネンはレース後半の戦略に満足しておらず、第1スティントでも僚友ベッテルの前でレッドブル勢の後ろにひっかかり、その間に勝者のルイス・ハミルトン(メルセデス)がトップでリードを築いた。ペースがあることは示しながらもダニエル・リカルド(レッドブル)をパスすることができなかったライコネンをついにオーバーテイクしたベッテルは、そのままリカルドも料理している。

レース後にライコネンの戦いについて聞かれたマルキオンネは、報道陣に「このことについてはマウリツィオ(アリバベーネ/チーム代表)と話し合った。彼らはテーブルを囲み、話し合うべきかもしれない。今日の彼は他のことで忙しそうだった。ベッテルの方がアグレッシブだった」と語った。

また、マルキオンネは2017年のF1マシンがライコネンよりベッテルのドライビングスタイルに合わせられたというようなことは"絶対に"ないと述べている。

レース全体を振り返り、マルキオンネはフェラーリにとって初期の兆候はポジティブだと話した。

「われわれはメルセデスと戦っている。セーフティカーがなければレースの展開は違っていただろう。ベッテルのタイヤを交換するというわれわれの選択は正しかったと認めることだきる。良いレースで、われわれは2位だった。われわれはコンストラクターズ選手権で1ポイント差の2位につけており、セブはハミルトンと同ポイント。2レースが終わった時点としては悪くない」

© ESPN Sports Media Ltd.