Ferrari

/ News

  • US GP - フェラーリ - 決勝

理想とは程遠いリザルトだとライコネン

Me
2016年10月24日 « 王者の走りを見せたマクラーレンコンビ | 表彰台に上ったことが素晴らしいとリカルド »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

23日(日)、シーズン第18戦US GP決勝でフェラーリのセバスチャン・ベッテルが4位完走を果たした一方、キミ・ライコネンはピット作業のミスが原因でリタイアを喫した。

ライコネンは2度目のピットストップを行った際にタイヤがきちんと装着されていない状態でリリースされてしまい、コースに向かう途中で停車した後、ピットレーンにマシンを戻してからコックピットを後にしている。

セバスチャン・ベッテル

「全体的に今日は昨日よりもいい1日で、いいレースだった。スタートはそれほどでもなく、ターン1で誰かに当てられたことを思えばラッキーだったと思う。相手はニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)のはずだ。幸い何も壊れていなかったから続行できた。それからのペースは良く、タイヤをケアしていたから他の人たちより長く走ることができた。レースは僕らの予想とは少し違っていて、今日はマックス(フェルスタッペン/レッドブル)からプレゼントをもらったようなものだけど、キミがトラブルでリタイアしなければいけなかったのは不運だった。2台ともポイントが取れればチームにとっていいパフォーマンスになったのにね」

キミ・ライコネン

「理想とほど遠いレースリザルトなのは明らかだ。クルマのパフォーマンスは良かったのに残念だよ。どういうわけか、僕らはソフトタイヤに交換すると苦戦した。バランスは問題なかったけど、一度も期待したようなグリップが得られなかったんだ。スーパーソフトに戻したら、クルマはまた良くなった。3回目のピットストップを終えて発進したあと、火花が出ているのが見えたから、少しスローダウンして大丈夫なのか確認したんだ。ピットレーンの終わりでチームから停止するよう言われた。何が起きたのか理解する必要がある。リアのホイールナットが正しくはまっていなかったんだ」

マウリツィオ・アリバベーネ

「われわれがもっと良い週末のリザルトを望んでいたのは明らかだ。だが今回もまた、予選ポジションによって高い代償を払うことになった。レースでは昨日よりもペースが明らかに良くなっており、表彰台を争うことも可能だっただろう。われわれはこのまま直でメキシコに向かい、次の週末に最大限の努力と集中力を注ぎ込む」

© ESPN Sports Media Ltd.