Ferrari

/ News

  • キミ・ライコネン

いつか大事故が起きるとライコネン

Me
2016年8月29日 « 「複雑なリザルト」とマノー | フェルスタッペンはやり過ぎたとベッテル »
© Martini/Sutton
拡大

ベルギーGPのマックス・フェルスタッペンのドライビングにはペナルティを出すべきだったとキミ・ライコネンが憤慨している。

ライコネンとフェルスタッペンはスタート直後のターン1で一度接触している。この時は外側のセバスチャン・ベッテルがライコネンに向かって切り込んできたことが原因だったが、フェラーリドライバーを本気で怒らせたのは12周目のレ・コームでフェルスタッペンが見せたドライビングだった。

外からフェルスタッペンを抜こうとしたライコネンの動きは成功したように見えたが、フェルスタッペンはブレーキングを遅らせて再びインに飛び込んだ。両者のホイールが触れてライコネンはコースからはじき出され、ランオフエリアを横切って、次のコーナーでコースに復帰した。

「僕はフェアでハードなレースは歓迎するけど、バックオフさせられたり、ターン5(レ・コーム)でまだストレートなのにブレーキングしたりしなきゃならないのはおかしいよ。僕はもう彼の前に出ていたんだ・・・それなのに、後から動いた相手にぶつかるのを避けるためにブレーキングしなきゃならないなんておかしいだろう。それは完全に間違っていると僕は思うけど、どういうわけかスチュワードはOKだと考えている。僕がブレーキングしなければ、大事故になっていたよ」

「こっちはDRSを使っていて、彼より時速15から20kmは速かった。僕はすでに前に出ていたのに、彼は散々待ってから、僕よりずっと遅れてターンインしたんだ。速度差が大きかったから、僕はブレーキングして彼を避けなければいけなかった。あんなことはあってはならない。誰かがフルスピードからの減速を強いられるなんて――そんなの理不尽だ・・・」

フェルスタッペンがこうしたことで同僚たちから攻められるのは初めてではない。ハンガリーGPでもライコネンはフェルスタッペンがブレーキングゾーンでラインを変えたと非難しており、ニコ・ロズベルグもドイツGPで同様の苦情を申し立てたが、この時に罰せられたのはロズベルグだった。フェルスタッペンのスタイルは事故を起こさなければ変わらないのではないかとライコネンは危惧している。

「彼が変わらなければ遅かれ早かれ起こると思うよ。でも、(スチュワードは)問題視しないんだ。何かが起きた時に責任を問われるのは誰なんだろうね・・・言ったように僕はフェアなレースやハードバトルは構わない。でも、あの状況はどうかしている。僕はそう考えているよ」

「見方は人それぞれだけどね。大きく変わるわけじゃない。彼が事故を起こしてからじゃないと分からないのかもしれないけど、できることならそうなってほしくはない。それは誰かが被害に遭うことを意味するんだから。それにもちろん、誰かがけがをするのは見たくない。何度も言うけど、レースやバトルは構わないさ。でも、ああいうのは絶対に良くないよ。僕はそう思う。そりゃ、人によって意見は違うだろうけどさ」

© ESPN Sports Media Ltd.