Ferrari

/ News

  • フェラーリ

フェラーリ、アリソンの即時離脱を発表

Me
2016年7月27日 « グティエレスが2点加算、サインツは戒告2回目 | フェルスタッペンはいずれ落ち着くとベッテル »
© Sutton Images
拡大

フェラーリはこれまでテクニカルディレクターを務めていたジェームス・アリソンの離脱を明らかにし、このところの推測に終止符を打った。離脱は発表とともに即時有効となる。

アリソンは2013年にフェラーリに復帰し、昨年の転機に貢献した。チームは3勝を挙げてメルセデスに次ぐ2位でシーズンを終え、今年こそタイトルに挑戦すると期待されたものの、その成功の波に乗り続けることができず、11戦目までまだ1勝もできていない。

アリソンの離脱は27日(水)の朝に出された声明によって明らかになった。そこには両者が"共同で"別々の道を進むことを決めたと記されている。

チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは次のようにコメントした。「共に過ごしたこの期間にジェームスが示してくれたコミットメントと彼が払ってくれた犠牲に感謝を述べ、彼の未来の試みに成功と静寂が待っていることを願っている」

アリソンは2016年のオーストラリアGP後に妻が急死するという悲劇に襲われた。その後数戦にわたってレースを欠席しており、彼が家族のいるイギリスで過ごす時間を増やしたがっていると報じられていた。

チーム離脱について彼は次のように語った。「2期にわたり異なる役目を務めたフェラーリでの年月を通して、私はチームと、それを形作る男女、全ての人々の価値とそのありがたさを知ることができた。われわれが共有したプロフェッショナルで人間的な経験に感謝したい。多くの成功を伴った幸せな未来がみんなに待っていることを祈っている」

今後チームではパワーユニットディレクターを務めていたマッティア・ビノットがCTO(最高技術責任者)に就く。ビノットは1995年にエンジンテストの技術者としてフェラーリの一員となった。

© ESPN Sports Media Ltd.