Ferrari

/ News

  • フェラーリ

レッドブル以上の速さはあったとベッテル

M.S.
2016年7月25日 « "くだらない"レギュレーションより常識が必要とバトン | ハンガリーは今季ベストの週末だとアロンソ »
© Goria/Sutton
拡大

セバスチャン・ベッテルはハンガリーGP決勝ではレッドブルよりもフェラーリの方が"ずっと速かった"と考えているものの、ハンガロリンクのサーキット特性からダニエル・リカルドをかわして3位表彰台に上ることができなかったと話した。

フェラーリドライバーのベッテルは、最終スティントでリカルドが駆るレッドブルマシンから1秒以内のところに迫った。レッドブルは先頭を走るメルセデス勢にプレッシャーを与えるべくリカルドの2度目のピットストップを早めに行ったが、結果として最終スティントではベッテルよりも8周古いタイヤを履くことになり、ベッテルの追撃を許している。

「僕らの方がずっと速かったと思うけど、ここはハンガリーだし、それ以上の速さが必要なんだ。リカルドのタイヤが落ち始めて小さなミスを犯すようになってからは0.5秒から1秒は速かったと思うけれど、それでもパスできるほどじゃなかった」

「彼は早いタイミングでピットストップしたから、僕らにはよりフレッシュなタイヤが残っていて、最後には盛り返せるって分かっていた。でも、速さが足りなかったよ。今日のマシンは良かったと思う。ペースという面ではメルセデスに匹敵していなくて、彼らは別次元に見えるけれど、僕らはそのすぐ後ろ。トリッキーな状況さ」

今回の状況はキミ・ライコネン(フェラーリ)がレッドブルのマックス・フェルスタッペンに迫りながらも2位に終わったスペインGPと同様なのか聞かれたベッテルは「多分。そう考えるのはいいんじゃないかな」と答えた。

「バルセロナでは僕らの方が早かったけれど、追い越すすべが見つからなかった。今日は僕らの方がずっとコンペティティブだったと思うけど、昨日がうまくいかなくて、イエローフラッグという不運やその後のトラフィックがあった。そういうものなんだ。今日のレースでは表彰台に上れるだけのペースがあったけれど、レッドブルがそうだったように前にいればかなりアグレッシブになれる。コース上では僕らの方が速かったけれど、前に出ることはできなかった」

© ESPN Sports Media Ltd.