Ferrari

/ News

  • スペインGP - フェラーリ - 決勝

優勝を逃してがっかりするフェラーリコンビ

Me / Jim
2016年5月16日 « アロンソの問題はソフトウエアのコマンドトラブルによるICE停止 | ロズベルグ&ハミルトン、"レーシングドライバーなら当然の動き"と主張 »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

15日(日)に開催されたシーズン第5戦スペインGP決勝でフェラーリのキミ・ライコネンが2位、セバスチャン・ベッテルが3位で共に表彰台フィニッシュを遂げた。

スタート後にクラッシュしたメルセデスコンビがリタイアした結果、3列目からスタートしたフェラーリ勢はレッドブルの2台と激しいバトルを繰り広げるレース展開に。終盤にはライコネンが先頭を走るレッドブルのマックス・フェルスタッペンに迫ったが、オーバーテイクには至らず。それでも、フェラーリはダブル表彰台を達成している。

セバスチャン・ベッテル

「今日はレースに勝つ大きなチャンスがあったから、そのためにアタックしていた。勝ちたかったんだけどな。でも、それも最後のストップを終えてコースに戻った時点まで。そこで自分の立場を理解した。前の人たちより数周新しいだけのタイヤでは届かないと分かったんだ。僕らはミディアムタイヤで苦戦していたけど、レッドブルは強かった。だからキミと僕はアタックできなかったんだ。ソフトタイヤでは僕らも強かったけどね。戦略は2台で分けることにした。3ストップの僕はリーダーに攻撃を仕掛けて成功したけど、結果的にダニエル(リカルド/レッドブル)と僕は2人とも2ストッパーの後ろになってしまった。つまり全体的なペースが足りなかったんだ。それはしっかり理解する必要がある。クルマに悪いところはない。いいクルマだし、うまく機能していて、ここへ持ってきたものも良かった。フェルスタッペンにはおめでとうと言いたい。初勝利の瞬間は最高だよね。すごく特別だ。マックスに"シャポー(脱帽)"。彼はキミから大きなプレッシャーをかけられながらも先頭に立ち続けたんだ」

キミ・ライコネン

「スタートは悪かった。クラッチを離したらひどいホイールスピンが起きた。最初の数コーナーで何台か抜いてリカバーして、マックス(フェルスタッペン/レッドブル)には比較的簡単に追い付けた。クルマは良かったし、スピードもあったけど、前のクルマに続いて何周も走っているとタイヤには良くない。僕はグリップとダウンフォースを少し失っていた。接近して彼に付いていくことは難しく、彼は最終コーナーがすごく速かったから、本格的に仕掛けることもできなかった。あそこまで近づけたのに勝てないなんてちょっとがっかりだけど、難しい週末の後でこの結果なら喜ばないとね。チームとしてできる限りの努力を続け、勝利を目指して戦い続ける。こういう難しい週末でも戦い抜いてポイントを取らなければいけないんだ。マックスは勝者に値した。僕にとっては驚きじゃない。彼は去年からとてもいい仕事をしていたし、今日はいいクルマを手に入れて勝ったんだ」

マウリツィオ・アリバベーネ(チーム代表)

「現実的になる必要がある。もしメルセデス勢が2台ともレースに生き残っていれば、結果が異なっていたであろう事実は受け入れなければならない。今日はチャンスを得たが、アドバンテージを生かせなかった。たとえコース上で速いマシンだったとしても、予選で経験した問題の代償を支払う格好となった。レース中にも、サーキットの一部でその問題に再び襲われている。今はそれらのトラブルを解消し、そこから前に進んでいかねばならない。F1初勝利を遂げたマックス・フェルスタッペンにおめでとうと言おう」

© ESPN Sports Media Ltd.