Ferrari

/ News

  • キミ・ライコネン

来季のことは自分には分からないとライコネン

Me
2016年5月4日 « メルセデス、コース特性で差がついたと分析 | メルセデスからファンへの手紙 »
© Gasperotti/Sutton
拡大

来年もF1でレースをしているかどうかは分からないというキミ・ライコネンだが、スポーツへの情熱はまだ残っていると主張した。

ライコネンとフェラーリの契約は今年末で終了する。しかし、この夏はドライバーマーケットで大きな動きがあると考えられることから、彼の未来は不確かな状況だ。2014年にフェラーリに戻ってきたライコネンだが、以前の速さや2年の離脱を経て2012年に復帰したロータスでのような輝きを見せることはまだできていない。

スポーツへの愛情は残っていると言うライコネンだが、F1を続けるかどうかは来年になるまで分からないかもしれないと認めている。

「契約は今年の終わりまでだから、来年のことなんて分からないよ。でも、自分の仕事を楽しんでいなければ、ここにはいない」と彼は述べた。「もちろん僕はレースに情熱を持っているけど、自分ではどうしようもないことがたくさんある」

「最善を尽くし、先のことは見守るしかない。レース・バイ・レースで進んでいくだけ。今年のどこかの時点で、遅くても来年には分かることだ」

© ESPN Sports Media Ltd.