Ferrari

/ News

  • フェラーリ

来年はメルセデスを越えるとアリバベーネ

Me
2015年11月18日 « 抜けないマシンに変化を求めるドライバーたち | 「期待外れ」でも試す価値はあったとルノー »
© Sutton Images
拡大

今年はエンジンパワーでメルセデスとのギャップを縮めたフェラーリ。彼らは来年に向けてマシンの他の部分にも大きな変更を加え、ライバルを越えることを視野に入れている。

フェラーリはエンジンレギュレーションが変わった2014年にスロースタートを切った。しかし、冬の間に弱点を克服し、大きな進歩を遂げた。2015年に3勝を達成したチーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは、ワールドチャンピオンをも飛び越えられるプラットホームが出来上がったと心から感じているという。

「(2016年の)正直な予想を言えというなら、私は彼らにただ近づくのではなく、彼らの前に立てると思っているよ」とアリバベーネは述べた。「これでも謙遜しているつもりなのだけどね。われわれは今でも十分に近づいているのだから、来年は前に出なければならない」

チームのデータによると、フェラーリのエンジンはすでにメルセデスに匹敵する力を持っていると彼は言う。そして、マラネロにはマシンの残りの部分を進化させるポテンシャルがあると断言した。

「データを見ると、(パワー面では)すでに渡り合っている。われわれのエンジン部門が素晴らしい仕事をしたからであり、彼らにはこの機会に感謝を言っておきたい。エンジンはマシンのコアだからね。他のパーツについてはまだ仕事が必要なのは分かっているが、今年は大きな改良を施すことが不可能だった。来年に期待している」

フェラーリは今年と同じような伸びを示すことができるのかと聞かれ、アリバベーネは次のように述べた。「もちろんだ。そのために努力している――われわれはマシンのパーツを一つ残らず改良するつもりだ。今年はエンジンが大きく改善した。来年はそれ以外のパーツについて非常に懸命に取り組んでいる」

© ESPN Sports Media Ltd.