Ferrari

/ News

  • ブラジルGP - フェラーリ - 決勝

メルセデスに最も近づいたフェラーリ

M.S. / Jim
2015年11月16日 « 3ストッパーのメルセデスが1-2 | ブラジルの僚友対決はロズベルグに軍配 »
© Sutton Images
拡大

シーズン第18戦ブラジルGP決勝レースでフェラーリのセバスチャン・ベッテルが3位表彰台に上り、チームメイトのキミ・ライコネンが続く4位でチェッカーを受けた。

セバスチャン・ベッテル

「いいレースだったよ! これまでにないほど接近していたし、何も失うものがないメルセデスがずっとプッシュしていたことを踏まえれば、そのこと自体がかなりの成果さ。ちょっと孤独だったからもちろんエキサイティングなレースではなかったけれど、それでもここは素敵なサーキットで、すべてのラップが楽しいんだ。タイヤのケアをしながらすべてを正しくやるのは簡単じゃないけれど、限界までプッシュしようと努力している。全体としてはとてもハッピー。メルセデスにはすごく強いエンジンとパワーユニットがあり、本当に強いマシンを持っていて、ドライバーたちが2人ともいい仕事をするって知っている。だからこそ彼らのパッケージは打ち破りがたいんだけど、僕らのパワーユニットを見れば今年はエンジニアたちが奇跡を起こし、マシンでも同じことが起こっている。それに、チームにたくさんの変化があったことも忘れちゃいけない。こういうことがうまく消化されるには、普通は時間がかかるんだ。僕らはすぐにリズムに乗り、いくつかの表彰台を達成し、シーズン2戦目でもう勝利した。他の誰よりも進歩していると思う。これから冬の間に大きく前進するチャンスがあるけれど、それは他のチームにとっても同じ。僕らのターゲットはやっぱり、みんなよりも大きなステップを踏み出すことだ。僕はフェラーリ1年目のドライバーとしては他のどのドライバーよりも多くの表彰台フィニッシュを遂げたって聞いたから、来年は13回の表彰台のすべてを優勝に変えられたらいいね!」

キミ・ライコネン

「今日のレースはあまり何もなかった感じ。スタートはまあOKかな。ホイールスピンがあったけど、なんとかポジションをキープできたし、コーナーまでセブについていけた。4番手のポジションを余裕で維持できるだけの速さはあったけど、マシンの感触はもう少し良いことを願っていた。ソフトタイヤにちょっと苦戦して、ミディアムでも同じだった。まだ新しい数周は大丈夫なんだけど、その後はハンドリングに満足できなくなっちゃうんだ。ただ、3ストップ戦略に切り替えていたとしても僕のレース結果が変わったとは思わない。だから事前に計画していた2ストップのままいった。最後のスティントはもしかしたらベストだったかもしれないね。でも、あの時点ではもうほとんどできることがなかったし、すでに前の人たちからはかなり遠くに離されていた。全力を尽くそうとがんばって4位だからいいんじゃない」

マウリツィオ・アリバベーネ(チーム代表)

「今日のペースは良かった。何度かメルセデスに近づいたラップもあったし、彼らのラップタイムに匹敵するペースを発揮した場面もあり、さらに彼らより速く走れたこともあった。ただ、全体的には彼らの方がわれわれよりも速い。データを見ると、今回のレースではセーフティカーが出動していないにもかかわらず、今季の他のどのレースよりも終盤に近づけている。それに、周回遅れにされなかったのはうちのマシンだけだ! セブに関しては2回から3回のピットストップに切り替え、純粋に戦略的な理由から第2スティントにオプションを装着した。3ストッパーならセブによりアグレッシブに走ってもらえると思ったのだ。レースを通して実際にプッシュしてくれている。キミはあらゆる状況をカバーするため、2ストップを継続した。キミの方がセブよりもタイヤのデグラデーションがひどかったのはこれが理由だ。シーズンを通して必死にがんばってきたチームの皆とマシンのおかげだ。この後はアブダビに向かい、シーズン最終戦に挑む。堂々と今年の一年を締めくくりたい。つまり、最高の結果を残せるよう全力を尽くすということだ!」

© ESPN Sports Media Ltd.