Ferrari

/ News

  • フェラーリ

フェラーリ、ライコネンと契約を延長!

Me
2015年8月20日 « フェラーリ、2勝目達成もおごりなし | バレンティーノ・ロッシがBRDCの名誉会員に »
© Sutton Images
拡大

19日(水)、スクーデリア・フェラーリがプレスリリースを出し、キミ・ライコネンと2016年の契約を継続することが決まったと発表した。

チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネの名前で届いたリリースには次のように記されている。

「スクーデリア・フェラーリは、技術とレースに関するキミ・ライコネンとの契約を更新したことを発表する。来シーズンのドライバーラインアップはフィンランド人ドライバーとセバスチャン・ベッテルの組み合わせで継続される」

アリバベーネは更新の決め手について次のようにコメントした。

「キミの契約を来シーズンまで延長することによって、チームにさらなる安定が生まれるとわれわれは考えている。キミとセブ(ベッテル)の非常に良好な関係も考慮しつつ、それがわれわれの基本方針でもあった。これは彼に対する大きな信頼の証しでもあり、私はそれが大きな報酬によって応えられることを期待している」

フェラーリは自分にとって"家族"だというライコネンは、感謝の言葉を口にした。

「何と言えばいいんだろう・・・もう1年フェラーリに残れるということは、僕にとって夢の継続を意味する。スクーデリアは僕の家族だ。今までも言い続けてきたように、ずっとここでキャリアを終えたいと思っていた。僕は今まで以上にコミットしているし、このチャンスを与えてくれたみんなにありがとうと言いたい。それから、サポートを続けてくれるすべてのフェラーリファンにも心から感謝している」

2勝と5回の表彰台を獲得しているベッテルとは対照的に、ライコネンは今季まだ1回しか表彰台に上がっていない。ライコネンは2014年にオプションを含む3年契約でフェラーリに復帰していたが、チームは来シーズンのオプションを行使しないのではないかとうわさされていた。

ベッテルの160ポイントに対し、ライコネンの得点は76ポイント。それでもフェラーリはライコネンと契約を続けることを選んだ。彼の運命は彼自身の手に委ねられているとアリバベーネは昨年の冬から言い続けており、判断はパフォーマンスに基づいて行うとしていた。

後任として名前が挙がっていたのはウィリアムズのバルテリ・ボッタスで、ライコネンの去就は2016年のドライバーマーケットの鍵になると考えられていた。彼がフェラーリを離れれば、グリッドのあちこちで大移動が起きるためだ。

これでボッタスのウィリアムズ残留もほぼ確実となる。一方で、ライコネンの契約延長はジェンソン・バトンのF1残留に影響する可能性がある。ボッタスがフェラーリに移籍した場合には、バトンがウィリアムズに加わるとうわさされていた。

フェラーリはライコネンの契約をベルギーGPの開幕直前に発表した。スパ・フランコルシャンはライコネンが過去4勝している得意のサーキットだ。

© ESPN Sports Media Ltd.