Ferrari

/ News

  • フェラーリ

ベッテルに挑めず、無念をにじますライコネン

Me
2015年4月12日 « ハミルトンに邪魔する意思はなかったとウォルフ | ドライバーは利己的なものとラウダ »
© Sutton Images
拡大

最後にセーフティカーが出なければ、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを抜いて3位に上がるチャンスを作り出せたとキミ・ライコネンが語った。

ライコネンは6番手からスタートしたが、1周目の終わりには4番手に浮上。フェラーリはレースの最後で彼がアタックできるよう戦略を組み立てた。最終スティントで彼はベッテルに近づいていたのだが、残り3周となったところでマックス・フェルスタッペンのトロ・ロッソが急停止してしまい、セーフティカー先導でのチェッカーとなった。

「全体としてはなかなかいいクルマだった」とライコネンは述べた。「クルマのどこにもダメージがなかったのは今年初めてだから、ホッとしたよ。最後は(ベッテルに)追い付いていたのにセーフティカーが入ってしまった。それがなければ最低でもトライはできただろうけど、それはそれ。レースの一部だ」

「チームとしてはガッカリだろうけど、去年スタートした位置を思えば、今の位置を現実的に考えないとね。自分たちのしていることは分かってるし、年末からの仕事を同じように続けるだけ。きっとそのうちに結果は出る。レースによっては近づけるだろう。でも、昨日のミスがあったから、今日はこれが最大限だよ」

「チームにとっては良かったけど、3位と4位じゃ満足はできない。僕らは1位と2位、そして優勝のためにプッシュしたいんだ。今までやってきた通りにプッシュを続けないとね」

自分の弱点はやはり予選かと尋ねると、ライコネンは述べた。「もちろん、レースのスタートで難しいポジションになってしまうんだから、良くはない。オーバーテイクはいつだって簡単じゃないし、本当に今日は(ベッテルを抜くことに)トライくらいはできたはずだけど、セーフティカーが出てしまった。これが現実だ。昨日と比べていくらかポジションを上げたし、クルマは良かった」

© ESPN Sports Media Ltd.