Ferrari

/ News

マクラーレン・ホンダのマシンをレースで初めてドライブしたアロンソ © Sutton Images
拡大

フェルナンド・アロンソの後任としてフェラーリ入りしたセバスチャン・ベッテルが優勝したマレーシアGPを終え、フェラーリとマクラーレンのトップがそれぞれの思いを語っている。

2014年に大いに苦戦したフェラーリだが、今年は急速な改善を見せており、チーム代表のマウリツィオ・アリバベーネがチームを去ったアロンソを恋しく思うことはないようだ。

「事実として、セバスチャンは4度のワールドタイトルを勝ち取り、フェルナンドは2度だ。セバスチャンはいつもグリッド最高のマシンに乗っていたという人がいるかもしれないが、彼はそれでもこの素晴らしい成果を届けた。ミハエル・シューマッハを思い出させる」 " 「私はこのチームには一体化する必要があるとすぐに気づいた。相互の非難や問題、ミスはもうあってはならない」

また、外見上は満足している様子のマクラーレンCEOロン・デニスは「オーストラリアからマレーシアの間の前進をこれからも続けられれば、良いシーズン末を迎えられるはずだ」と発言している。

デニスは『El Mundo Deportivo(エル・ムンド・デポルティーボ)』にマクラーレンがメルセデスエンジンからHondaのワークスエンジンに変えた決断を後悔するはずはないとコメント。それは「選手権で勝ちたいのなら、偉大なマニュファクチャラーが後ろに必要」だからだ。

一方、バルセロナテストでのクラッシュ後に休養期間をとっていたアロンソは、マレーシアの週末を通して健康状態に問題は感じなかったと話した。

「この暑さで少し疲れた。でも、レース完走の問題になるようなことじゃなかった」

「中国GPまでにもっとトレーニングをしなきゃならない。カウチにあまりにも長く座っているのは、最高の準備じゃなかったからね」

© ESPN Sports Media Ltd.