Ferrari

/ News

  • セバスチャン・ベッテル

ベッテル側、シューマッハのヘルメット模倣を否定

M.S.
2015年2月10日 « アロンソとバトン、HondaのUNI-CUBをドライブ | 開幕戦までにハミルトンとの契約を決めたいメルセデス »
ベッテルの新ヘルメット © Sutton Images
拡大
関連リンク

セバスチャン・ベッテルの2015年のヘルメットが、ミハエル・シューマッハがかつて使用したデザインに基づくものだとの見方をベッテル陣営が否定した。

ベッテルの新しいホワイトのヘルメットが、ベッテルの良き師でありアイドルでもあるシューマッハが1980年代中頃のカート時代に使用したとされるデザインとほぼ同一だと、イタリア『La Gazzetta dello Sport(ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト)』やドイツ『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』らが報じている。

しかし、ベッテルの数々のヘルメットデザインを手がけてきたイェンス・ミュンサーは、自分とベッテルが2015年のデザインを考案した際にシューマッハのことは念頭になかったと述べた。

「私たちはあえてシンプルなデザインを維持した」とミュンサーはシュポルト・ビルドに語っている。

「フィオラノで行ったフェラーリでの最初のテストのときから私たちは彼の暫定ヘルメットが気に入っており、セバスチャンはより分かりやすくするためにドイツカラーの追加を希望した」

そう語るミュンサーはシューマッハの後期の赤いヘルメットのペイントも手がけている。

ベッテルのアシスタントであるブリッタ・ロースケも、ベッテルもミュンサーもシューマッハが1980年代なかばにカートで使用していたカラーリングを知らずにこのヘルメットをデザインしたと認めている。

ミュンサーは「フロントからバックに流れる、中心を外したストライプは私の提案だ」と続けた。

「もともと私は2つのカラーに分かれたヘルメットがいいと思っていた。しかし、私たち2人ともが11月にセバスチャンが使ったホワイトのヘルメットがかなり気に入ったので、それをキープすることにした」

ミュンサーがベッテルとシューマッハ両方のヘルメットを担当していたことを踏まえれば、ベッテルのトリカラーのストライプに使用されるレッドと、シューマッハの後期デザインで有名なレッドの色合いが同じなのは興味深い。

© ESPN Sports Media Ltd.