Ferrari

/ News

  • フェラーリ

フェラーリの新車デビュー担当はベッテルか

Me
2015年1月23日 « エクレストンがHondaに口添え | 交渉を続けるニュルブルクリンク »
レッドブルの発言はベッテルを失った負け惜しみ? © Ferrari
拡大

フェラーリの2015年マシンを初めてテストするのはセバスチャン・ベッテルになりそうだ。

マクラーレン・ホンダの初走行を担当するのはフェルナンド・アロンソであることが22日(木)に明らかになった。2月1日(日)のヘレステスト初日に彼が新車MP4/30をドライブする。

フェラーリの計画も次第に明らかになってきた。

キミ・ライコネンに近い筋の情報から、フィンランド人ドライバーがヘレステストの後半2日間、2月3日(火)と4日(水)にドライブすることをドイツ誌『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』がつかんだという。

「ということは、1日(日)と2日(月)はベッテルの番ということだ」と同誌は述べた。

一方、フェラーリが2015年のシミュレーター担当として、トロ・ロッソを追われたジャン-エリック・ベルヌを採用したことについて、レッドブル陣営からけちをつけるような発言が飛び出した。

ベルヌは、"うちではワーストのシミュレータードライバーだった"とその関係者はシュポルト・ビルドに述べている。

これだけでなく、4度のタイトルを携えて移籍したセバスチャン・ベッテルには、我慢の2015年シーズンを過ごし、2016年まで勝てるフェラーリを待ち続けるような忍耐力はないとの発言まで出てきた。

トロ・ロッソの元共同オーナーで、F1で最初にベッテルのボスを務めたゲルハルト・ベルガーはこう述べた。「セバスチャンなら、4戦もすれば拳でテーブルを殴り始めるだろうね。2016年まで勝利を待つ気なんて、彼にははないよ」

最後に、フィンランド紙『Ilta-Sanomat(イルタ・サノマット)』からおめでたい一報を。ベッテルのチームメイトであるライコネンが、間もなく父親になる。パートナーのミントゥさんの出産予定日が迫っているという。赤ちゃんは男の子だと伝えられている。

© ESPN Sports Media Ltd.