Ferrari

/ News

  • フェラーリ

フェラーリ、エンジニアのトップにスペイン人を雇う

Me
2015年1月21日 « マルシャの謎の救世主はハース? | リラックスして契約交渉に臨むハミルトン »
HRT時代のクケレラ © Sutton Images
拡大

2人のスペイン人がフェラーリを去り、新たなスペイン人がやって来た。

去ったのはテストドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサと、もう1人はもちろん、ナンバーワンドライバーのフェルナンド・アロンソだ。彼らは大規模なリストラが行われる中、伝説的なマラネロチームを離れた。

しかし、少なくとも1人のスペイン人が補強されたとイタリアとスペインのメディアが報じている。

その人物の名前は、トニ・クケレラ。かつてSUPER AGURI F1やBMWで働き、最近ではHRTの一員だった。

チームがなくなってからはドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)でBMWのために働いていた。

しかし、彼がスポーツの最も有名なチームでF1に戻ってくるという。どうやら、セバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンのレースエンジニアであるリカルド・アダミとデイブ・グリーンウッドの上司になるようだ。

興味深いことに、グリーンウッドはチーフエンジニアを務めていたバックマーカーチームのマルシャから、ライコネンと組むためにやって来た。

© ESPN Sports Media Ltd.