Ferrari

/ News

  • フェラーリ

フェラーリ復活を手助けしたいとベルヌ

Me
2014年12月20日 « 2016年のエンジン変更を熱望するエクレストン | ベッテル離脱の要因は"たぶんリカルド" »
© Sutton Images
拡大

レッドブルから切り離されたジャン-エリック・ベルヌがフェラーリの来季テストドライバーに決まり、F1への生命線をつないだ。

トロ・ロッソのシートをマックス・フェルスタッペンとカルロス・サインツに奪われたベルヌは2015年のF1で居場所を失った。しかし、離脱したペドロ・デ・ラ・ロサと入れ替わりに、フェラーリに加入することになった。

「F1の歴史の中で一番の名門と言ってもいいフェラーリファミリーに加わることができるなんて、すごく光栄だ」とベルヌはコメントした。「目的はただ一つ。それは、スクーデリアをポディウムの頂点に戻す手助けをすることだ」

「F1のトップチームで2年間シミュレーターに乗り、トロ・ロッソで3年間レースをした僕の経験が、チームを勝利街道に押し戻そうとするチームの素晴らしい努力にプラスされる。スクーデリアフェラーリのメンバーになることで僕の夢を成し遂げるのが楽しみだし、そのすべてのステップの後ろにはティフォシがいる」

ベルヌは、新たにサードドライバーとなったエステバン・グティエレス、そして引き続きテストドライバーを務めるマルク・ジェネ、ダビデ・リゴンとともに仕事をすることになる。ベルヌには他の仕事の合間にフェラーリのシミュレーターを担当してもらうとチーム代表のマウリツィオ・アリバベーネは述べた。

「彼には重要エリアの改善を目的としたプログラムに加わってもらう。すでに強力で有能なプロフェッショナルぞろいのグループに、さらなる活力を与え、強化してくれるはずだ」

© ESPN Sports Media Ltd.