Ferrari

/ News

  • フェラーリ

ブラウン&コスタのフェラーリ復帰説が浮上

Jim
2014年11月23日 « マルヤ、レッドブルの"不正行為"を非難 | エクレストン、分配方法の見直しを示唆 »
現在はF1界を離れ休暇を楽しんでいるブラウン © Getty Images
拡大
関連リンク

ロス・ブラウンおよびバルテリ・ボッタスとフェラーリの関係がうわさされている。

22日(土)、2014年シーズンを通して大改革に取り組むフェラーリが新代表のマルコ・マッティアッチを退任させる可能性が伝えられた。

その後任候補には"Marlboro(マールボロ)"のマウリツィオ・アリバベーネの名前が挙がっていたが、候補者は一人だけではなかったようだ。

イギリスの『Sky(スカイ)』とドイツの『Auto Motor Und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』を含め、複数のメディアがブラウンの名前を報じているのだ。

加えて、2011年に跳ね馬を去り、2014年シーズンに支配的だったメルセデスのデザインを手がけたアルド・コスタの電撃復帰説も浮上している。

ドイツの『Bild(ビルド)』紙は「アリバベーネ単独での加入ではなさそうだ。ロス・ブラウンが新テクニカルディレクターに就任する可能性がある」と報道。

しかし、メルセデス代表の座を退いて以降、休暇を楽しむブラウンはうわさを否定したと言われている。

それでも、ビルド紙は「フェラーリがまだ彼の条件のいくつかを満たしていないに過ぎない」と主張した。

さらにイタリア『La Stampa(ラ・スタンパ)』はフェラーリがまったくの「うわさにすぎない」と強調したことを伝えている。

そして、『Italiaracing(イタリアレーシング)』の報道によると、フェラーリがキミ・ライコネンの後任ドライバーとして活躍が目覚ましいウィリアムズのボッタスに注目しているとのことだ。

© ESPN Sports Media Ltd.