Ferrari

/ News

  • フェラーリ

アロンソ、双方合意でフェラーリ離脱!

Me
2014年11月20日 « ザウバーは中国人ドライバーのフォングを起用 | ベッテル、フェラーリと3年契約を発表 »
© Getty Images
拡大

フェルナンド・アロンソが来シーズンにチームで走らないことをフェラーリがようやく明らかにした。"双方の合意"による決別だという。

日本GP以来アロンソの離脱は長く公然の秘密とされてきた。だが、20日(木)になってようやくチームはそれを公表した。アロンソは来季マクラーレン移籍が有力視されているが、フェラーリとの契約の解消方法について話し合っていたと考えられている。

5年前にチームに加入して以来、2010年と2012年には惜しいところまでいったが、アロンソは一度もタイトルを取っていない。彼にとってもつらい決断だったようだが、常にフェラーリの利益を優先していたという。

「今日は僕にとって楽なものではない。なぜなら僕はいつも大いなる熱意と決意を持って未来を見ているからだ。このシーズン末で僕のフェラーリドライバーとしての冒険は、終わる」とフェルナンド・アロンソは述べた。

「難しい決断だった。でも、慎重に考えてのことだ。スタートからフィニッシュまで、フェラーリへの愛が一番の重点だった」

「自分の未来を自分で決められる僕は常に幸運だったし、今もその可能性がある。僕の立場を理解してくれたチームには感謝しなければいけない。僕は5年間過ごしたフェラーリを去る。その間、大きなチャレンジに挑み、自分の限界を探してプッシュしながら、プロとして最高のレベルに達することができた」

「また、自分の利益よりもスクーデリアを優先し、真のチームプレーヤーであることも示した。将来について重要な決断しなければならなくなったとき、僕はフェラーリを心に描き、チームへの愛に動かされてそれを決めた。僕らがともに達成したものをとても誇りに思う」

「マラネロの人々全員の努力に感謝する。僕らは3回にわたってF1世界選手権で2位になった。うち2回は最終戦までタイトルを争い、何周にもわたってタイトルを狙えるくポジションを走り続けた」

「一切の疑いなく、この5年間は僕のキャリアの中で最高の瞬間を生んでくれた。また、チームを去ることになって、別れの相手が友人ではなく、家族なのだということに気づいた。今、僕は大きな熱意を持って未来に目を向けている。僕の心はいつも跳ね馬と一緒だ。これまで僕を信じてくれたチームの一人一人に感謝したい」

フェラーリチーム代表のマルコ・マッティアッチがアロンソに感謝の言葉を贈った。

「スクーデリア・フェラーリの偉大なドライバー一覧の中で、フェルナンド・アロンソはいつも特別な場所を占める」と彼は述べた。「スクーデリアとのたぐいまれなる冒険に心から感謝したい。過去5年間で彼は2回にわたり、ワールドチャンピオンシップのまであと一歩というところに迫った。フェルナンドのような偉大なドライバーなら、常に跳ね馬を大切にしてくれると確信している。また、フェラーリファンには引き続き彼の未来の試みにおいても彼を支え続けてもらいたい」

© ESPN Sports Media Ltd.