Ferrari

/ News

  • フェラーリ

ライコネン、「クリーンなレースが必要だった」

Jim
2014年8月25日 « "わざと"というのは語弊があるとウォルフ | コバライネン、DTMのテストへ »
© Sutton Images
拡大

フェラーリのキミ・ライコネンは今シーズンのグランプリでクリーンなレースを走れていればスパで記録したような結果を残すことができるのだと主張した。

ベルギーGPを4位で終えたライコネンにとって、この結果は苦戦が続いていた今季のベストリザルトであるだけでなく、12レースで初めてチームメイトのフェルナンド・アロンソを上回った結果でもある。ここ数戦を通してマシンの感触が良くなっていたライコネンはトラブルフリーの走りができればしっかりと結果を残せるのだと語っている。

「今回のレースはクリーンだった。これまではいろいろあったけど、前みたいにレース中に問題が起きることがなかった。もしかしたら(トラブルが起きなかったのは)これが今年初めてかもしれない。もちろん助けになるし、自分たちのレースを戦えるから、結果も少し良くなっている。ただ、もっと上位を争えなかったことは残念だよ。それでも、今回のレースもそうだし、次のレースも僕たちにとって難しいと考えている」

「クリーンだったのは今回のレースが初めてじゃないかな。マシンにダメージがあったり、他の問題があったり、そういうことがなかったし、自分たちのレースを戦えた。スピードもそれほど悪くなかったんだけど、それでもまだ足りない。これ以上良くなったとは思っていない。それができるならやっている。今日はできなかったし、他の皆がちょっと速すぎた」

レース中には表彰台の可能性が見えていたように思われたものの、ライコネンはバルテリ・ボッタスのドライブするウィリアムズマシンが持つパワーに勝てるチャンスがあったとは考えていないようだ。ライコネンは終盤まで3番手を走るも、ボッタスに抜かれて4位でチェッカーを受けている。

「今日はそれほど戦えなかったと思う。どういうことかと言うと、直線は彼らの方がはるかに速いんだ。1周でほぼつかまりかけたし、何とか抑えることができたけど、次のラップにはチャンスなし。僕からしてみればバトルにカウントされないよ。(自分の方が遅いときは)そうなるからね」

「1周を通して最大のスピードを出すために必要な、適切なダウンフォースで走れていたと思う。予選のコンディション、つまり一発の速さ的にもそんなに悪くなかった。ただ、レースを通してとなると、ああいうマシンに対向するのはちょっと苦しくなる。彼らの方がチャージできるし、1周を通して大きなアドバンテージを持っている。彼らが持っているような馬力が僕らのエンジンにはない。それでも、僕たち以上に彼らが巻き返していることが今は大きな問題なのかもしれないね」

© ESPN Sports Media Ltd.