Ferrari

/ News

  • フェラーリ

レッドブルは遠くないとフェラーリ

M.S.
2014年3月31日 « メルセデスには余力があるとホーナー | ハミルトン、僚友とのバトルで一歩前に »
© Sutton Images
拡大

マレーシアGP決勝でフェルナンド・アロンソがセバスチャン・ベッテルの9秒後方でフィニッシュしたフェラーリだが、これからのレースでレッドブルとバトルすることは可能だと確信している。

アロンソは2回の4位フィニッシュという形で堅実なシーズンスタートを切ったが、フェラーリはまだ表彰台に挑戦できるほどのペースを見せていない。しかしながら、ドメニカリはフェラーリがマレーシアでタイヤを機能させることに苦戦したと明かしており、跳ね馬はメルセデスの後方の一群に含まれると考えている。

「正直なところ、レッドブルとのギャップはそう大きいとは思わない。ドライバーたちはこの暑さの中でハードタイヤについて、トラクションや望むような感触が得られないという事実に不満をこぼしていた」

「メルセデスとの差は大きいが、レッドブルや他のチームとは多少なりとも近い場所にいる。しかし、われわれはトップを狙う必要があるのだ。確かにわれわれが目にしたのは解決しがたいものだが、エンジニアたちに何をすべきか確実に把握し、ギャップを縮めるためのプランを取り入れるよう要請した。なぜなら、それは非常に明白だからだ」

フェラーリはメルセデスパワーのマシンと比較してストレートスピードが不足しているものの、ドメニカリは単なるパワー不足というほどシンプルではないと語っている。

「パワーユニットについての話はパワー供給の話になり得る。一部はメカニカル、一部は電気系であり、重要な部分だが、マシンの側でも空力パーツをより効率よく優れたものにしていきたい。進歩はしたと思うが、十分ではない」

© ESPN Sports Media Ltd.